婚約指輪、結婚指輪のデザインや魅力

本来は無色透明なダイヤモンドの中に、天然のピンク色をしたダイヤモンドがあることはご存知でしょうか。

このダイヤモンドが、どうしてピンク色になるかは未だ解明されておらず、とても神秘的な宝石です。

また、世界中の宝石の中でも非常に希少性が高く、その希少性ゆえに身につけた人に「幸せ」を運んでくれるとも言われています。

今回は、そんな神秘的宝石・ピンクダイヤモンドについてお教えします。

婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)アレンジデザインとして人気のある「ミル打ち」。

ミル打ちはデザイン性だけでなく、様々な魅力や意味を持ち併せているのです。

今回は、そんなミル打ちの魅力についてご紹介します。

結婚指輪(マリッジリング)は普段使い用で、婚約指輪(エンゲージリング)は結婚式などのパーティー用」

このようにそれぞれを区別している方が多いのではないでしょうか。

でも、最近ではこれらを重ねづけする方が多く、購入時から重ねることを意識してそれぞれの指輪を選択している方も少なくありません。

今回は婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)を重ねづけするメリット・デメリットと組み合わせ例をご紹介します。

結婚指輪(マリッジリング)は、金やプラチナなどを使用したシンプルなデザインのものが主流ですが、最近では誕生石を埋め込む方も少なくありません。

誕生石とは1~12月にちなんだ宝石のことで、パワーストーンとしても知られていて、自分の生まれた月の宝石を身に着けることで運気が上がると言われています。

装身具には様々な種類がありますが、婚約指輪(エンゲージリング)は人生で唯一無二の存在となる重要な物です。

それまでに通常のアクセサリーとして指輪を選んだことがある方でも、婚約指輪(エンゲージリング)に関しては選ぶのも贈るのも初めてで、どのデザインがいいのかすら分からない。

そういう事態に陥っても不思議はありません。

いざと言う時のお役立ち、「婚約指輪(エンゲージリング)デザイン基礎知識」をご紹介しましょう。

婚約指輪(エンゲージリング)は高級で、デザインなどの問題から普段使いがしにくく、パーティーや結婚式などの特別な日でないと着用が難しい。

このような考えをお持ちではないでしょうか。

しかし、最近では毎日使うことを想定した、普段使いが容易な婚約指輪も多くあります。

その最たる例がセットリングと呼ばれるものです。

「指輪は着用してこそ価値が生まれる」とお考えの方はセットリングを選んでみてはいかがでしょうか。

プロポーズと共に婚約指輪(エンゲージリング)を贈られることは女性からすると憧れの1つ。

一生に一度のプレゼントですので、婚約指輪(エンゲージリング)は慎重に選択する必要があります。

考え方は人それぞれですが、「ナショナルブランド」から選ぶカップル、アレンジをしっかりしてくれる国内ブランドを選ぶカップル、色々なアレンジが可能なセミオーダーオーダーメイド等、現在では考え方や使い方で婚約指輪(エンゲージリング)を選ぶのが主流です。