指輪選びの基礎知識

プロポーズを考え始めた男性諸氏にお届けする婚約指輪に関する基礎知識。

社会人としても必須の知識なので、この際一気に確認してしまいましょう。

プロポーズに見事成功し、結婚準備をしはじめた男性も必見です。

どこの鑑定機関の鑑定書がついているかによってダイヤモンドの値段が変わる」とも言われ、実は重要な鑑定機関。

今回は、Aランク機関と呼ばれている権威の高いいくつかの鑑定機関とサリネライトと呼ばれる特殊な鑑定を行うサリネテクノロジー社についてご紹介させていただきます。

これからプロポーズを考えている男性なら、どんな指輪を贈れば良いのかは気になるところですよね。

男性にとってアクセサリーやジュエリーは、これまでの人生であまり意識したことのないものである場合が多いもの。

「えっ! 婚約指輪と結婚指輪って違うの?」

なんて疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

結婚指輪と婚約指輪の違いについて、押さえておきましょう。

婚約指輪(エンゲージリング)は結婚する2人にとって、一生の記憶に残る大切なもの。

価格デザインだけでなく、指輪は購入する時期も重要だって知っていましたか?

指輪選びで失敗したくない男性必見です!

一生に一度、人生で一番の決断をする結婚。

この人と一緒に生きていきたい、そう思う相手に出会えたのは人生において最も大きな幸福かもしれません。 大きな決断の証に交換する結婚指輪(マリッジリング)を、どうやって決めたらいいのでしょう。

今回は、結婚指輪(マリッジリング)の選び方についてお話します。

結婚指輪(マリッジリング)は人によっては一生着けているという人もいます。

あまり身につけない人にとっても、二人の記念日に見つめ返すものでもあり大事なものであることに変わりはありません。

ずっと使うもの、ずっと見つめ返すもの、としての意識が重要です。

今回は結婚指輪(マリッジリング)選びのポイントをご紹介します。

指自体にコンプレックスがあると、結婚指輪(マリッジリング)の着用も憂鬱になってしまうものです。

しかし、指輪の種類によっては指のコンプレックスを目立たなくしてくれる効果があることをご存知でしょうか。

指の悩みを解消して、もっと気兼ねなく結婚指輪(マリッジリング)を着用するために、今回は指のタイプ別で似合う指輪をご紹介します。

婚約指輪(エンゲージリング)ダイヤモンドを選ぶなら、知っておきたいのが「ダイヤモンドの品質の決まり方」です。

ダイヤモンドの価値は「4C(日本では一般的に『よんしー』と呼ばれています)」という4つの要素によって格付けされます。

一見、よくある俗語表現の一つのように見えるかもしれませんが、米国宝石学会(GIA)が制定したダイヤモンドを評価する国際基準で鑑定書にも記載されるものなんですよ。

今回は、ダイヤモンドの4Cについてご紹介します。