婚約指輪、結婚指輪のジンクス

夫婦の愛の証である結婚指輪(マリッジリング)。一般的には毎日身に着けているものという認識が強いですが、意外と四六時中アクセサリーを身に着けていた経験のある方は少ないのではないでしょうか。

特に男性は結婚指輪(マリッジリング)がはじめてのアクセサリー、という方も多いはずです。

「本当に24時間外さないの?」気になるこんな疑問を解消していきます。

男性から女性へ贈られる婚約指輪(エンゲージリング)。

一般的にその相場は20万円~30万円程度ですので、決して安価なものではありません。

婚約指輪(エンゲージリング)のお返しが必須かどうか、絶対的な決まりはありませんが、実際は多くの女性が「婚約指輪(エンゲージリング)のお返しをするのはマナー」「貰いっぱなしでは申し訳ない」と考えており、お返しを贈るケースが多いようです。

結婚式の人気シーズンと言えば、天候の良い春と秋。

そしてジューンブライド」の6月です。

6月は日本では梅雨の時期ですが、それでも人気が高いことからも、ジューンブライドに憧れる女性の多さや思い入れの強さがうかがえますね。

今回は、そんな人気のシーズンに希望の結婚式場を押さえるために知っておきたいコツをご紹介します。

結婚にまつわるジンクスとして有名なものに「6月に結婚した花嫁は幸せになれる」という「ジューンブライド」がありますね。

女性はもちろん、男性でもその言葉や意味をご存じの方は多いかと思います。

そんなジューンブライドには、どんな由来があるのかご存じでしょうか。

幸せな結婚にまつわるいくつかのジンクスとともにご紹介します。

二人の永遠の愛を誓う証として、結婚指輪(マリッジリング)を購入するのが一般的です。

しかし、婚約指輪(エンゲージリング)は購入しても結婚指輪(マリッジリング)を買わないカップルが増えている、という報告もあります。

一体、結婚指輪(マリッジリング)を購入した方はどのような理由や考えをもって買ったのでしょうか。

先輩夫婦が結婚指輪(マリッジリング)を購入した理由を知ることで、結婚指輪(マリッジリング)の重要性に触れてみましょう。

結婚が決まると、やることがたくさんありますね。

式場選び、衣装選びなども大変ですが、結婚指輪(マリッジリング)選びにも時間をかけなければなりません。

結婚指輪(マリッジリング)は式の時にも重要な役割を果たしますし、終わったあともずっと身につけておく「一生モノ」のものですから、自分に似合う指輪を選びたいものです。

結婚指輪(マリッジリング)となるとデザインや宝石、値段にばかり注目しがちですが、色も意外と豊富だということをご存知でしょうか。

自分に合った色も妥協せずに探していきましょう。

結婚指輪(マリッジリング)デザインがシンプルな分、素材がとても重要になってきます。

もちろん見た目の雰囲気やデザインは重要ですが、結婚指輪(マリッジリング)は一生身につけ続けるものですから、丈夫で長持ちすることも考えなければなりません。

数ある素材のうち、どのような素材が長持ちするのでしょうか。

今回は結婚指輪(マリッジリング)におすすめの素材を特集します。