COLUMN婚約指輪・結婚指輪にまつわるコラム

no.31夫婦の愛の証! 結婚指輪の「刻印」何を入れる?

夫婦の愛の証! 結婚指輪の「刻印」何を入れる?

夫婦の永遠の愛の証とも言える、結婚指輪(マリッジリング)。

その歴史は古く、起源は古代ローマ時代にも遡ると言われています。

特別な想いが込められた結婚指輪だからこそ、多くのカップルがその内側に想いを記す「刻印」を入れています。

でもいざ、自分たちの結婚指輪の内側に刻印を入れると考えた時、なにを刻印するのが良いか迷ってしまうという方は多いもの。

そこでここでは、結婚指輪の「刻印」にふさわしいメッセージや言葉の一例をご紹介します。

二人にとって特別な意味を持つ文字を結婚指輪に刻印

二人の記念日

出会った日、つきあい始めた日、プロポーズした日、結婚式を挙げた日、入籍した日など、二人にとって大切な日付を刻印します。

二人の名前やイニシャル

二人のファーストネームをアルファベットやイニシャルで刻印します。

シンプルですが、結婚指輪を身に着けていることで、常に相手の存在を感じることができます。

二人の大切な思い出の言葉を入れる

具体例としては二人の思い出の土地の地名や、映画のタイトル、曲名などが挙げられます。二人にとって特別な意味を持つワードを刻印します。

永遠の愛を誓うメッセージを結婚指輪に刻印

イニシャルや記念日に加えて、結婚にあたっての想いや愛の誓いの言葉を刻印します。

結婚指輪の内側に刻印できる文字数には限りがあるため、シンプルな言い回しのものが良いでしょう。

メッセージの一例・・・

Forever Love(永遠の愛)

True Love(真実の愛)

Always with You(ずっと一緒に)

All My Love(愛をこめて)

英語がポピュラーですが、お二人にとって思い出の旅行先の国の言語を選ばれる方もいらっしゃいます。

刻印の文字と合わせてシークレットストーンを結婚指輪にアレンジ

結婚指輪の内側は、外側からは見ることのできない「二人だけの秘密」であるとも言えます。

そんなスペシャル感をさらに高めてくれるものとして、最近人気が高まっているのが「シークレットストーン」です。

これは、結婚指輪の内側に石を埋め込むもの。

お互いの誕生石や、プロポーズや結婚した月にちなんだ石を選ぶ方が多いようです。

刻印と合わせてシークレットストーンを入れることで、二人の気持ちをより豊かに表現することができますよ。

結婚指輪は一生身につけるもの。

今回紹介させていただいた例などを参考に、ぜひ二人の想いがこめられたオリジナルな刻印を考えてみてくださいね。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店キラリト ギンザ店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。