婚約指輪、結婚指輪の価格・メンテナンス

どこの鑑定機関の鑑定書がついているかによってダイヤモンドの値段が変わる」とも言われ、実は重要な鑑定機関。

今回は、Aランク機関と呼ばれている権威の高いいくつかの鑑定機関とサリネライトと呼ばれる特殊な鑑定を行うサリネテクノロジー社についてご紹介させていただきます。

婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)を長く、美しく保つには定期的にアレンジをする必要があります。

これから毎日身に付ける指輪には、どうしても汚れや傷がつくもの。

長く身につけるうえで、お肌に直接触れる指輪は清潔にすることが大切です。

今回は、婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)アレンジ方法をご紹介します。

男女が人生を共にすると決めて交換する「結婚指輪(マリッジリング)」「婚約指輪(エンゲージリング)」は重要なアクセサリーですが、石が外れてしまったり、サイズが合わなくなってしまったり、あるいは歳と共にデザインが合わなくなってしまったりと言った事から身に着けられなくなってしまう事があります。

そんな時には、再び身に着けられるように指輪をリフォームするといいでしょう。

どのようなリフォーム方法があるのかご紹介します。

夫婦生活で愛情を感じる瞬間は「さりげない優しさを感じた時」「ありがとうと言われた時」「食事を作ってくれた時」など、日々の感謝に関することが多いです。

そのなかでも、「結婚指輪(マリッジリング)を大切に扱っていると愛情を感じる」という意見も多く寄せられました。

愛の証である結婚指輪(マリッジリング)をダメージから守るポイントをご紹介しましょう。

結婚を考える時、同時に考えるのが大切な指輪をどうするか。

婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)を購入する際、いったいどれくらいの金額にすればいいのかよくわからないものです。

人は人、自分は自分と思いつつ、やっぱり気になるのがみんなの平均予算。先輩カップル達はどれくらいの婚約指輪結婚指輪を購入しているのでしょうか。

首都圏で行われたアンケートによれば、2014年婚約指輪(エンゲージリング)の平均予算は36.2万円となっています。

婚約指輪(エンゲージリング)の平均予算は多少の増減はありつつも、例年あまり大きな変化はありません。