婚約指輪・結婚指輪の近年の傾向

リングの外周をぐるりと囲うように同カット・同サイズのメレダイヤ(小さなダイヤ)を留めたリングのことをエタニティリングといいます。

「エタニティ」とは英語で「永遠(eternity)」を意味し、途切れることなくダイヤモンドが並んでいることからエタニティリングは「永遠の愛の象徴」と言われています。

もともとは結婚記念日やお子様が生まれた記念などに夫から妻へ贈るものでしたが、最近ではファッションリングのような感覚で普段使いできる婚約指輪(エンゲージリング)として、またはちょっと豪華な結婚指輪(マリッジリング)としても人気を集めています。

近年、結婚式での新たな演出として行われている「ダーズンローズウエディング」。

ダーズンローズウエディングは人前式や披露宴の中で行われることが多く、結婚式の中で改めて新郎がプロポーズを行い主役になれる演出として人気を集めています。

ピンクダイヤは通常のダイヤとは違い、輝き方が様々。

形、色系統が多様な為、複数のピンクダイヤを婚約指輪・結婚指輪に使用する場合、同じ形・色系・透明度の合ったピンクダイヤを厳選しないと、色も輝きも統一感のない仕上がりのリングになってしまいます・・・