婚約指輪、結婚指輪のトリビア

婚約指輪(エンゲージリング)でひときわ輝きを放つセンターダイヤ。女性なら誰しもが憧れるものの一つではないでしょうか。

男性としても、愛する女性にめいっぱい喜んでほしいと思うもの。

「大きければ大きいほど良いんでしょう?」と思われがちなダイヤモンドですが、そんな単純なものではありません。ここでは、「女性が喜ぶ」選び方をご紹介します。

プロポーズする時期は、おふたりの気持ちの盛り上がりや周りの環境によって時期は様々ですが、一応、人気の時期というものがあります。

過ごしやすい時期はお互いの気持ちが落ち着いているということもあり、4~6月と10~11月はプロポーズの多い時期とされています。

そんな中でも1年で最もプロポーズが集中する時期はクリスマスです。

一大イベントを逃さず、キッチリ決める、成功に導くためのクリスマスプロポーズをご紹介します。

婚約指輪・結婚指輪ともに左手の薬指にするのが一般的ですが、「右手に着けたらダメ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは右手に着けた場合の意味や海外の事例をご紹介します。

夫婦の永遠の愛の証とも言える、結婚指輪。

その歴史は古く、起源は古代ローマ時代にも遡ると言われています。

特別な想いが込められた結婚指輪だからこそ、多くのカップルがその内側に想いを記す「刻印」を入れています。

でもいざ、自分たちの結婚指輪の内側に刻印を入れると考えた時、なにを刻印するのが良いか迷ってしまうという方は多いもの。

ダイヤモンドを購入する時、大きさが輝きに影響しているのか気になりますよね。

特に婚約指輪(エンゲージリング)を買う時は、できるだけ大きさも輝きも重視したダイヤモンドを選びたいもの。

そこで、ダイヤモンドが美しく見える「輝きの条件」を詳しくご紹介します。

これからダイヤモンドのアクセサリーを買う方、婚約指輪(エンゲージリング)を購入予定の方は参考にしてみてくださいね。

男女が結婚する際に、神様へ愛を誓う証として結婚指輪(マリッジリング)を購入するのが一般的です。

婚約指輪(エンゲージリング)の場合は男性が女性にプレゼントするものですので、支払いも男性が受け持つことが多いですが、結婚指輪(マリッジリング)の支払いはどのようなスタイルが望ましいのでしょうか。

今回は結婚指輪(マリッジリング)をどちらが購入するのかをご説明します。

一般的に、婚約指輪(エンゲージリング)は男性が女性に贈ります。

最近では婚約指輪(エンゲージリング)を購入しないで結婚に至るカップルも少なくありませんが、婚約を形に残すという意味でも、用意することが理想的です。

プロポーズと同時に婚約指輪(エンゲージリング)を贈りたいと考えている方が多いと思うので、購入のタイミングは記念日やクリスマスなどプロポーズしたい日から逆算して考えて下さい。

婚約指輪(エンゲージリング)男性が女性に贈る最大のプレゼントだと言っても過言ではありません。

一生に一度の婚約指輪(エンゲージリング)ですから、彼女には今までの人生で一番感動してもらいたいですよね。

そのためには慎重に婚約指輪(エンゲージリング)を選ばなければなりません。

今回は彼女が喜ぶ婚約指輪(エンゲージリング)の選び方をご紹介します。

「突然ある日、彼からプロポーズされ指輪を渡される」

女性なら誰しも憧れずにはいられないシチュエーションです。

しかし、男性からしてみると指輪の好みやサイズが分からないといった悩みがあるのも事実でしょう。

婚約指輪(エンゲージリング)をひとりで選ぶべきか、二人で選ぶべきか、貰った女性の本音を交えつつご紹介します。

以前はほとんどの男性が贈っていた婚約指輪(エンゲージリング)ですが、近年は女性側が「いらない」と主張する場合が増えています。

いらないという女性の本心は?

本当に贈らなくてもいいの?

そんな男性の疑問について女性のホンネをご紹介します。

小指につける「ピンキーリング」をはじめ、関節につける「ファランジリング」、指先につける「ネイルリング」などなど、今はいろいろな指や位置につけるためにデザインされた指輪があって、ファッションとしてカジュアルに指輪をつけることを楽しむ方も増えています。

そんな中、今も昔も特別な意味を持つのが、左手の薬指につけられる結婚指輪(マリッジリング)です。

結婚を誓い合った男女が指輪を贈り合う風習はいつから始まったのでしょうか。

そして、左手の薬指につける理由は?

今回は、結婚指輪(マリッジリング)の由来や歴史についてご紹介します。