Q&Aよくあるご質問

リングについてリングはどうやって作っているのですか?

リングを作る方法には大きく分けて「鍛造(たんぞう)」と「鋳造(ちゅうぞう)」の2通りあります。

熱した金属を叩いて形成する方法を「鍛造(たんぞう)」といい、金属を 高い温度で熱して液体にした後、型に流し込み冷やして形成する加工方法を「鋳造(ちゅうぞう)」と言います。

「鍛造(たんぞう)」の方が金属の密度が増すため強度も高くなります。
しかし、この方法だとマリアージュの特徴である柔らかな曲線や細かいディテールを再現することができません。

そこでマリアージュでは、溶かした金属を型に流し込み形成する「鋳造(ちゅうぞう)」という方法でお作りしています。一般的な「鋳造(ちゅうぞう)」による形成はリング内部に気泡ができやすく、「鍛造(たんぞう)」よりも強度が劣ると言われています。
マリアージュでは、形成後にリング全体を叩いて引き締める工程を行うことで、鋳造のデメリットを補い強度を落とさず様々なデザインを実現しました。