Ring Select結婚指輪選びのHow To

マテリアル選びのヒントが欲しい!

シンプルなら定番のプラチナ、個性派ならカラーマテリアルがおすすめ

マリアージュのリングに使用される、プラチナ(Pt900)・18金イエローゴールド(K18YG)・18金ピンクゴールド(K18PG)・18金ホワイトゴールド(K18WG)は、どれもアレルギーを起こしにくく身に着ける時間の多いブライダルジュエリーに最適のマテリアルです。自分の肌に馴染むお色で選んだり、お好みでお選びください。

【定番】永遠の愛の象徴「プラチナ」

永遠の白さを持つプラチナ

プラチナは産出量が少なく、金属の中でも希少性が高いマテリアル(素材)です。混じりけのない白く美しい高純度のプラチナは、耐蝕性に優れ、変色や変質の心配がありません。

永遠の白さと不変性が永遠の愛の象徴としてふさわしいとされ、ブライダルジュエリーのマテリアル(素材)として愛され続けています。

【個性派】華やかな輝き「18金」

18金イエローゴールド・18金ピンクゴールド・18金ホワイトゴールドは、強度を増すために75%の金に割金として25%の銀や銅を混ぜたものを指します。金は、カラーバリエーションも多く古くからジュエリーの素材として活用されてきました。

18金イエローゴールド

華やかな輝きを放つイエローゴールド

欧米で古くから愛されてきた、華やかな輝きのマテリアルです。ミル打ち(ミルグレイン)を施して、アンティーク風なアレンジも人気です。

18金ピンクゴールド

柔らかな輝きを放つピンクゴールド

ウォーム系の柔らかなお色で、女性らしい優しい輝きを放ちます。
マテリアルの性質上、サイズ直しはお受けいたしかねますが、「デザイン変更」にて対応させていただきます。

18金ホワイトゴールド

プラチナとホワイトゴールド

一見プラチナに似ていますが、プラチナと比べると少しグレーがかった白色をしています。

一般的なホワイトゴールドのジュエリーは、プラチナに近い白色を再現するためロジウムコーティングをして仕上げますが、ご愛用いただくうちにコーティングが剥げてかけ直しが発生します。

マリアージュのホワイトゴールドは、独自開発の割金配合によりプラチナに近いお色でお作りが可能な為、ご希望がない場合はコーティングなしでお作りしています。