MADE OF ORDERオーダーメイド

婚約指輪・結婚指輪のセミオーダー&アレンジ

リングに自分好みのアレンジを気軽に加えることが可能です。
例えば婚約指輪のセンターダイヤモンドのサイドについているメレダイヤの色を変えたり、ミルグレインの加工を加えてアンティークな雰囲気を出したり・・・。オートクチュールの楽しさを気軽に味わってみませんか。

ピンクダイヤモンドアレンジ

人気のアレンジのひとつに「ピンクダイヤモンドアレンジ」がございます。
白いダイヤモンドを、ピンクダイヤに換えると華やかで柔らかな印象になります。

愛の石と呼ばれるピンクダイヤ。
社内にて専任スタッフが色、クラリティを厳選したピンクダイヤのみ使用しています。最も色が濃く華やかな「プレミアムマリアージュピンク」、ピンク色がきれいに見える「マリアージュピンク」、淡い色がかわいい「フェアリーピンク」の3色から選べます。

Sample

ピンクダイヤアレンジ

※「プレミアムマリアージュピンク」は、直営店のみの取扱いです。
全国のお取扱店では、「マリアージュピンク」と「フェアリーピンク」の2色を取り扱っております。

ミルグレインアレンジ[ミル打ち]

「ミルグレイン」とは、ラテン語の「千の粒」が名前の由来で、リングの地金の玉を連続してつけていく装飾技法のひとつです。
連なっていることから「幸せが続く」「子孫繁栄」などの意味もあり、縁起のいいアレンジです。

19世紀のイギリス、エドワーディアン期のジュエリーや、フランスのベルエポック、アールデコ初期のジュエリーによく使用されており、アレンジを施すとアンティークな雰囲気になるのが特長です。

ミルグレインは、ジュエリーの縁の部分をくっきりと見せる効果が得られ、一粒一粒が美しく輝くラインは、無数のダイヤモンドが輝いているような豪華な印象も与えてくれます。

マリアージュのミル打ちは、同じ間隔・大きさ・深さで、一粒一粒丁寧に刻んでいます。他にはない均一に連なる美しいラインを、是非店頭でご確認ください。

Sample

ミルグレインアレンジ

マテリアルの選択

人気の高いプラチナ900をはじめ、18金イエローゴールド、18金ピンクゴールド、18金ホワイトゴールドなど、お好みに応じてマテリアルを選択できます。

同じデザインのリングでも、マテリアルを変えることによって違う印象になります。

Sample

マテリアルアレンジ

メレダイヤのアレンジ

メレダイヤとは、0.1カラット以下の小さなダイヤモンドのことです。
お好みに応じてメレダイヤを追加することも可能です。シンプルなデザインにメレダイヤを加えて華やかにすると、リングのフォルムは同じでもまったく違う印象になります。

Sample

メレダイヤアレンジ

今は仕事上、派手にできないけれど、いずれはアレンジを加えたい・・とお考えの方にも、後から追加できるサービスも承っております。

バースデーストーンアレンジ

身に着けると幸運を呼び寄せると言われている誕生石。
リングの見える位置にお留めしたり、お子様が生まれたときに記念としてアレンジしたり、おふたりの人生をリングに刻んでゆくのはいかがでしょう。

Sample

バースデーストーン アレンジ

表面仕上げ加工

リングのつやつやとした光沢がスーツに合わないのでは?という男性には、つや消しの加工がおすすめです。リングのツヤをなくし、マットに仕上げることで、落ち着いた印象に。ご希望によってレディースのリングにもほどこすことが可能です。

グロス仕上げとホーニング仕上げ

グロス仕上げ
リングの表面をぴかぴかに光らせる仕上げのことで、鏡面仕上げともいわれます。
その名の通り、リングの表面を鏡のように磨き上げるため、地金の持つ美しさが引き立ちます。
ホーニング仕上げ
リングの表面にホーニングの粉を吹きつけ、リングの光沢をなくすつや消し加工のひとつです。
主には、メンズリングなどでリングの光沢を出さず、シックに仕上げたい場合に用いる仕上げの方法です。
ヘアライン仕上げ
指輪に細かい縦線を無数に入れることにより仕上げる方法で、少々つやが無くなると言うことに関してはマット仕上げと似ていますが、ヘアライン仕上げは線で模様をかたどったり、立体感を見せたりできます。

上記でご案内したアレンジのほかにも、リングのフォルムを修正したり、メレダイヤを減らしたり等、様々なアレンジが可能です。店頭にてご相談ください。