男性必読!プロポーズから婚約・結婚までの基礎知識

結婚といえば、結婚式、披露宴などのお祝いごとや儀式のイメージがつよ過ぎて、実際に結婚式を挙げなかった人には「結婚」自体を本来どのようなものか意識することが少ないと思います。

では、「結婚」とは、本来どのようなものなのでしょうか?

結婚式のために就労と同時に貯金をしている人もいる一方で、「婚姻届けだけだせば良いのかな」いう人たちもいます。特に今の若い世代の人たちの中には、新婚旅行、ハネムーン、プロポーズのような言葉は、バブル期の名残だと考えている方々もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「結婚」に至る流れについてもう一度振り返ってみようと思います。

夫婦になるまでにはいくつかの段階があります。その一つが「婚約」といわれるものです。

「実は、婚約期間のない結婚は存在しません」

「婚約」というのは字のごとく、「将来結婚し、夫婦になる約束」をすることです。これにより、恋人同士の関係から婚約者の関係へとステップアップすることになります。
その際に、正式に結婚の意思を伝えることを「プロポーズ」と呼び、婚約記念品として婚約指輪(エンゲージリング)などが贈られます。また記念品に対して返礼品を贈り返すのも一般的となります。

この婚約については以下のように様々なスタイルと段階があります。これらを行っていくことで広く公に認められて、ふたりが夫婦になっていく準備をしていくのです。

婚約から結婚までの段階や儀式の種類

・プロポーズ
・婚約記念品(婚約指輪/エンゲージリング)の贈与
・相手の親への結婚の挨拶
・結納
・両家顔合わせの食事会
・婚約式
・婚約パーティ
・婚約通知
・婚前契約

したがって、お付き合いを初め「恋人」になり、プロポーズをして「婚約者」、結婚をして「夫婦」となっていくことがわかるかと思います。

このようにみてみると、「どんな家に住もうか?」、「いつ式あげようか?」、「お父さんお母さんに会ってみたいな」などの何気ない言葉も、内容を考えると女性にとっては意外と意味のあるプロポーズとして受け取られてしまう事が解ります。

しかし、男性は何気ない一言を言ったつもりなので、当然プロポーズとは思っておらず、記念品である婚約指輪を用意していません。そのなかで話だけが進んでいき結婚まで至るカップルも少なくはないでしょう。よく「プロポーズはどんな感じだった?」の問いに対して「特にハッキリとはなかったかな、自然なカタチでいつの間にか、」というような回答が多いのもその為かもしれません。既婚女性のアンケート結果に「エンゲージリングなしにプロポーズされた」が多い理由がわかると思います。

これらの基礎知識を踏まえて婚約や結婚式にのぞむと、意外と新郎新婦のいつもと違った姿に気づくことができるかもしれません。また、自分の結婚式までの段取りの整理に役立てればと思います。

最後まで、読んでありがとうございました。では、今回もみなさまの幸運を願って!GoodLuck!

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。