フランスでは結婚日和!「雨の日」でも素敵な結婚式を挙げるコツ

結婚式の人気シーズンと言えば春と秋、そしてジューンブライドの月、6月です。春と秋の人気の理由の一つに天候の良さがありますが、6月と言えば日本では梅雨の時期。

「ジューンブライドに憧れるけど、雨が心配……」
そんな風に不安に思ってしまう方もいるかもしれませんね。

だけど実は、雨の日の結婚式はとても縁起が良いと言われているんですよ。

雨の日の結婚式は神様が一生分の涙を流してくれる

フランスには、「雨の日の結婚式は幸運をもたらす」ということわざがあります。

雨が降ることを、「空が涙を流している」なんて表現することがありますが、フランスでは結婚式当日の雨は、新郎新婦の流すはずの一生分の涙を、神様が代わりに流してくれているものだという言い伝えがあるそうです。

だから、雨の日に結婚式を挙げた二人は、その後ずっと幸せな結婚生活を送ることができると考えられているのです。
また、雨に乗って天使が舞い降りてくるとも言われているのだとか。
とてもロマンティックですよね。

雨の日の結婚式を盛り上げる演出

日本でジューンブライドを実現するのであれば、結婚式当日は雨が降るということを前提にプランを考えることをおすすめします。

晴れた場合のことは、あくまでも第二プランとして考えておけば、「当日雨が降ってがっかり……」ということになりません。

雨の日の結婚式なら、雨を生かした素敵な演出を取り入れましょう。きっと一生の思い出になりますよ。

雨の雰囲気を生かした写真を撮る

せっかくの写真撮影が雨で残念……なんて考えずに、雨の日ならではのロマンティックな写真を撮りましょう。
事前にカメラマンさんと打ち合わせしておくとスムーズです。
見返すたび当日の情景や想いがリアルによみがえる、臨場感あふれる一枚が撮れるかもしれませんよ。

会場やテーブルを「あじさい」で彩る

日本の梅雨シーズンを彩る花と言えば「あじさい」ですね。
会場内に飾るお花にも、あじさいを選んでみてはいかがでしょうか。外の雨の風景としっくりとなじんで、季節感あふれる結婚式になるはずですよ。

雨の日らしいグッズを用意する

てるてる坊主やカラフルな傘、長靴などの小物を用意して会場に飾ったり、写真撮影に使ったりしましょう。和装なら番傘などを合わせるのも素敵です。

雨の日に似合うBGMを用意しておく

「雨に濡れても」「雨に歌えば」「シェルブールの雨傘」などなど、雨をテーマにしたおなじみの曲をBGMとして用意しておけば、雨の日の気分を盛り上げ、印象づけてくれる演出になりますよ。

こうした雨ならではの演出を取り入れるとともに、雨の中、足を運んでくれるゲストへの配慮(例えば、着替えのための部屋を用意しておくとか、雨の日用のアメニティグッズをトイレなどに用意しておくなど)も忘れずに準備しておきましょう。

雨の日ならではの、印象深く素敵な結婚式にしちゃいましょう!

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。