日本とはちょっと違う!?世界のバレンタインデー事情

日本のバレンタインデーといえば、女性から男性にチョコレートや贈り物を渡す日、という認識がまだまだ一般的です。しかし世界各国に目を向けてみるとそういった習慣は日本だけのものだったりします。今回は日本と違う各国のバレンタイン事情をご紹介します!

欧米のバレンタイン事情

欧米では、義理チョコの習慣もなく、男性から女性へ花やギフトカードなどのプレゼントを贈り、夜は恋人とディナーに出掛けるケースが定番です。中でも、イギリスには“バレンタインデーの鉄則”というものがあります。イギリス人にとってバレンタインデーは意中の人へ「密かな」想いを伝える日になっており、男性は恋人や想いをよせる人へ、匿名のカードを贈る習慣が伝統的に続いています。

また、バレンタインデーにプロポーズするのも一般的な事として捉えられています。兵士の婚姻が禁じられていたローマ帝国の時代に、愛し合う二人のために、こっそりと結婚式をしてあげた事によって、処刑されてしまったバレンタインの愛の深さと勇気を称えて生まれたバレンタインデーのルーツから考えてみても、2月14日に男性からプロポーズするのは、ごく自然なことであると考えられています。

欧米とも少し違う台湾のバレンタインデー

台湾に目を向けると、欧米ともまた少し異なり、女性が男性にチョコレートを渡す習慣も、男性から女性へプレゼントを贈るという習慣もないようで、その位置づけはあくまでも「カップルのための日」です。

高級ホテルは、カップルのためにバレンタインディナーや宿泊プランを販売しており、バレンタインデーの日の夜はディナーや宿泊の予約ですぐに埋まってしまうようです。また、バレンタインデーは、プロポーズをするための日とも考えられており、多くの男性が、プロポーズと同時に、女性に赤いバラの花を贈るのが一般的です。そのバラの本数にも意味があり、1本なら「あなただけ」、11本は「お気に入り」、99本は「永遠に」、100本は「結婚してください」という意味があるのだそうです。

日本のバレンタインデーにはサプライズなプロポーズを

日本では、男性から女性へ「逆チョコ」を贈るという風潮も徐々に広まってきましたが、日本のバレンタインデーといえば、女性から男性にチョコレートや贈り物を渡す日、という認識がまだまだ一般的です。だからこそ、男性にとって、サプライズなプロポーズを演出できる貴重な日であると捉えることもできます。

「バレンタインデーにプロポーズするのってあり?」と思う男性も多いかと思いますが、各国に倣い、本来のバレンタインデーの意味を意識しながら、サプライズなプロポーズをしてみませんか?

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。