ホワイトデーにはサプライズなプロポーズを!

バレンタインデーが終わったのも束の間、イベント大国ニッポンでは、早くも次のイベントが待ち構えています。そう。ホワイトデーです。言うまでもなくホワイトデーは、男性から女性への「お返しの日」です。

欧米にはないホワイトデーの起源

ホワイトデーが生まれたのは、1980年のこと。バレンタインデーの“お返し”として女性にプレゼントを贈ろうという風潮が若い世代の間で生まれ、これを受けた「全国飴菓子工業協同組合」が3月14日を「ホワイトデーはキャンディを贈る日」とし、バレンタインデーの「アンサーデー」を考案したとされています。

3月14日に定められた理由は、ローマ帝国時代の2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うために、キリスト教司祭ウァレンティヌスは殉教したのですが、その1ヶ月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来するとされています。このエピソードから考えてもホワイトデーはサプライズなプロポーズをしてもおかしくない日だといえるのではないでしょうか。

ホワイトデーのお返し選びは難しい?

バレンタインデーにチョコを貰って、男性は嬉しいものの、ホワイトデーのお返しには何を選んでよいのか迷ったり、男性からのお返しには、より良いものを贈るべきという暗黙の了解もあり、気を遣ったりするかと思います。日々の忙しさに追われ、プレゼントを買い忘れていた!…なんて論外ですが、よくありがちなパターンとして、「ホワイトデー お返し」で検索し、ホワイトデーギフト人気ランキングなんてものをネット上で確認。自宅やオフィスから買いに行ける圏内のお店で購入というものがあると思います。

「義理チョコ」のお返し等でしたら、それでも良いかもしれませんが、「結婚を考えているパートナー」間でのお返しとなると、また話は別です。たとえ、そのプレゼントが高級だったとしても、あまりにも定番で無難なものだったとしたら…。「適当にネットや雑誌で調べて、選んだものなんだろうなぁ…。ホントに私のためを想って選んでくれたのかなぁ…。」と相手に思われてしまうかもしれません。

ホワイトデーにはサプライズなプロポーズをしよう

もしもあなたが、今付き合ってる彼女と結婚したいと考えているけれど、プロポーズするタイミングで迷っているならば、ホワイトデーは思い切って、サプライズなプロポーズをするのに適したうってつけの日かもしれません。誕生日やクリスマスと比べて、彼女もホワイトデーに「プロポーズされるかも」と思うことは少ないでしょうし、普通のプレゼントと見せかけておいて、サプライズなプロポーズを演出しやすいと思います。

普段行かないような素敵なレストランを予約して、プレゼントに加えて、サプライズでプロポーズするというのも、「恋人の記念日」であるバレンタインデーのお返しとして、とても自然なことです。

パートナーであるあなたの彼女は、あなたのことを大切に想って、バレンタインデーにプレゼントを贈ったはずです。あなたがホワイトデーのお返しとして、喜ばれるプレゼントは、マニュアルに頼らず、彼女のことを一生懸命考えて、選んだものです。バレンタインに心を込めてプレゼントを贈ってくれた彼女に、特別なサプライズプロポーズをプレゼントしてみませんか?

Mariageのプロポーズプランなら、今からでも間に合う「即日納品プロポーズリング」をご用意しております(数量限定)。ジュエリーを選ぶのは初めての男性でも、年間400組以上のプロポーズをサポートしてきたMariageのコンシェルジュが丁寧にアドバイスさせていただきます。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。