6月第一日曜日は「プロポーズの日」! ジューンブライドの由来とは

プロポーズするタイミングって、結構悩ましいもの。

「プロポーズしたいと思い立った時がプロポーズするタイミング!」というのも素敵ですが、なにか後押ししてくれるきっかけとなったり、いつまでも忘れずにおぼえていられたりするようなタイミングを狙いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

すぐに思い浮かぶところでは、クリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどがあります。
でもこれらのタイミングを待つとなると「ずいぶん先のことになってしまうな……」という印象ですよね。

近々プロポーズしたいと考えている方にピッタリのタイミングが、実は6月にあるって知っていましたか?

6月第一日曜日は「プロポーズの日」

そのタイミングというのは、6月第一日曜日。
その名もずばり!「プロポーズの日」です。

これは、ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんが会長を務める「全日本ブライダル協会」が、「ジューンブライド」にちなんで1994年に制定したもの。

なかなかプロポーズに踏み切れないカップルの「きっかけの日」となり、「プロポーズした日を忘れないでいてほしい」という想いがこめられているそうです。

ジューンブライドの由来って?

プロポーズの日を6月に定める理由となった「ジューンブライド」は、「6月の花嫁は幸せになれる」というジンクスとともに、日本でも広く知られている言葉ですね。
どうして「6月の花嫁」なのか、ご存じでしょうか?

ジューンブライドはヨーロッパに古くから伝わる言い伝えです。
これは、ローマ神話に登場する女神「ユノ(Juno)」に由来すると言われています。

ギリシア神話のヘラと同一視されるユノは神々の女王で、結婚・出産を司る家庭や女性の守護神です。

ユノが守護する月は6月(June)。
このため6月に結婚した花嫁は、ユノの加護によって幸せな結婚生活を送ることができると考えられてきたのです。

女性にはジューンブライドに憧れを抱く人も多いものです。
幸せな家庭の守護神である女神が司る6月は、プロポーズにもふさわしい時期だと言えるでしょう。

是非この日を選んでサプライズプロポーズをしてみてはいかがでしょうか。
結婚の女神がきっと後押ししてくれるはずですよ。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。