結婚資金の相場はいくら?結婚前に必要な貯金額とは

結婚を考えている人にとって気になるのが、「結婚資金としてどのぐらいの貯金が必要になるのか」ということですよね。

一言で「結婚資金」といっても、その内訳はいろいろです。

結婚式や披露宴、新婚旅行等のイベントにかかる費用。新居や新生活をスタートするにあたって必要となる費用。また、出産や育児などの費用が発生する場合もあります。

2人で350万円程度の貯金があれば安心!?

男性は、プロポーズを特別なものにするため、サプライズ感を出そうと彼女に内緒にしている人も多いはずです。

まずは、結婚に関するイベントにかかる費用から考えてみましょう。

とある調べによると、結納、婚約/結婚指輪、結婚式、披露宴、新婚旅行などのイベントにかかる費用の平均はおよそ440万円、そしてご祝儀として受け取る額の平均はおよそ180万円程度となっています。

差し引きで結婚イベントにかかる費用は平均して220万円程度と考えるのが妥当でしょう。

次に、新生活の準備に必要となる金額についてです。
新居や家具の準備、引っ越しなどの新生活のスタート時にかかる費用の平均はおよそ90万円くらいと言われています。

ここまでを考え合わせると、結婚する際にかかる一時的な費用の合計は約300万円強ということになります。
もちろん、結婚で貯金を使いきって、貯金0からの新生活スタートとなると、何かあったときの備えに不安が残ります。

この300万円にプラス予備費として50万円程度、これらをすべて貯金で賄えるのが理想だと言えるでしょう。

実際に必要な資金はカップルによって異なる

しかし、実際のところはどうでしょう?
とある調べによれば、結婚時のカップルの貯金額の平均はおよそ100万円くらいとなっており、上記の金額には遠くおよびません。
実際には、結婚時のイベントを省略する夫婦も多く、また、結婚資金に関しては親などの援助を受けるケースも少なくないようです。

また、結婚に使うお金については、両家の考え方や地域による違いが大きく、一概にこうだといえるものはありません。

新居についても、同棲していた場合そのままの生活を続けるのであれば特に出費は必要ありませんし、親と同居という選択をする夫婦もいらっしゃいます。

結婚の証となる結婚指輪の費用も忘れてはいけません。
結婚指輪の平均購入価格は10~20.万円で、2人分と考えると20~40万円は目安として考えておきましょう。

女性は結婚指輪に憧れを抱いていて、こだわりたい部分でもありますので、オーダーメイドを選ぶ方も多いです。

オーダーメイドといっても安価なものから高額なものまでさまざまですが、制作には2~3週間以上ほどかかってしまいますので、お早めにお店で制作し始めることをオススメします。

女性の憧れのプロポーズは、ディズニー映画のようなプロポーズです。王子様がお姫様の前にひざまずき「結婚してください」と指輪を差し出す。こんな素敵なプロポーズを心から願っているのが女性なのです。

ですから、勢いあまって指輪の準備をしていないのにプロポーズをしてしまうと、理想のプロポーズ像を小さな頃から抱いている女性にガッカリされてしまう可能性もあります。

結婚前に「どの程度の予算を組むのか」「親から援助が受けられるのか」「新居はどうするのか」といったことについて話し合い、しっかりとした共通認識を持つことが重要です。
その上で、必要な貯金額を決めるのが大切です。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。