人生最大の試練! プロポーズで失敗しないためには

プロポーズは一世一代の決心ですよね。

前から計画を立てて、ここぞというタイミングで行うプロポーズ。
そんなプロポーズが失敗してしまったら目の前が真っ暗になってしまうことでしょう。

そうならないためにも、今回はプロポーズの失敗談と失敗しないポイントについてご紹介します。

勢いでプロポーズ

プロポーズは言葉だけでなく、シチュエーションがとても重要になります。
女性の多くは、一生の思い出になるようなプロポーズをされたいものです。

しかし、家でのんびりしていたときや、いつものデートの最中に思い立ちふと「結婚しよう」と言われれば女性はどう思うでしょう。
きっと「なんでこのタイミング?」と思うのではないでしょうか。
善は急げと言いますが、男性よりもロマンチックで結婚に大きく憧れを持っている女性にとって勢いだけのプロポーズは逆効果になるので注意しましょう。

緊張しすぎなプロポーズ

プロポーズをしようと決めた日から計画を練る男性も多いと思います。彼女を喜ばせようと様々なシチュエーションを考えるでしょう。

しかし、頑張りすぎると当日になって急に緊張してしまうなんてことも。
楽しいはずのデートも最後に待ち構えているプロポーズのことばかり考えてしまい、彼女を不安にさせてしまうこともあるのではないでしょうか。

そしていざというときに限って、話を切り出すタイミングがわからずなんとなく気まずい雰囲気にさせてしまうケースがあるかもしれません。
さらに肝心のプロポーズの言葉も緊張してカミカミになってしまっては、せっかくの計画も台無しになってしまいます。

頼もしい男性に惹かれる女性は多く、普段は頼りなくてもここぞというときに頼りになる男性はとても魅力的です。
しかし、ここぞというプロポーズでモタモタしてしまうと頼りない男というレッテルを貼られかねません。自信を持って堂々とプロポーズしましょう。

相手へのプロポーズ

自分の親への報告と婚約指輪の準備、どちらもクリアしたならば最重要ポイントである「プロポーズのタイミング」だと言えるでしょう。

どれだけ長い付き合いの彼女でも、ここはサプライズ的要素を忘れずに。
決して○○しながら、ついで感覚で「結婚しよっか」なんて軽く言わないように。
一生彼女に文句を言われる可能性がありますよ。

彼女にとって一生の思い出となりますので、一生懸命彼女の心に伝わる言葉を考えてください。

遠まわしなプロポーズ

プロポーズも言葉は様々です。
「結婚しよう」「家庭をつくっていこう」など人によってニュアンスが異なりますが、上手下手ではなく、相手に伝わるかどうかが最も重要になります。

一生懸命考えたセリフでも相手に伝わらなければ意味がありません。
「一生俺の味噌汁を作ってくれ」「これからもずっと一緒にいよう」という言葉は一見とても素敵な言葉ですが、プロポーズとしては伝わりにくい可能性があります。

その結果「プロポーズの言葉を言ってもらってない」と女性からやり直しをさせられるなんてことも。
そうならないためにも、相手に伝わる直球な言葉を選ぶことをおすすめします。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。