結婚の理想と現実…相手にどのくらいの年収を望む!?

結婚すれば恋愛している間とは違って現実的な生活が待っています。
新しい家庭をつくり、子どもを育てていく夢もあるでしょう。
しかし将来のビジョンや結婚・生活に対する考え方は人それぞれに違うはずです。ひとつ現実的な問題として年収という点に焦点を当て、「変わらぬ愛はお金で買える?結婚相手にどれくらいの年収を求めますか?」という内容でアンケートをとってみました。

変わらぬ愛はお金で買える?結婚相手にどれくらいの年収を求めますか?
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男性/女性100名
調査期間:2014年10月16日~10月31日

収入が少なくて困らない最低限っていったらこれぐらい?

今回結婚相手に望む年収として一番多かった金額は401万円から600万円までという範囲で39人がそう回答しています。ではその金額を選んだ理由は何だったのでしょうか?

「貧乏すぎても心も暗くなってしまうし、お金持ちすぎても、高レベルの生活から抜け出せなくなるので、不自由しない程度の収入でよいです。」
「愛がお金に勝るとは思っているが、多少の蓄えがないと、生活は成り立たない。特に、子どもには不自由のない暮らしを提供してあげたいと思うので、大学に通うまでのお金を貯蓄したい。そのため、このくらいは最低限あって欲しいと思う。」
「年齢にもよりますが、家族が増えることを考えるとこの金額の範囲は欲しいです。」
「必要最低限の収入があれば、あとは身の丈にあった生活をするだけだから。」

この金額を選んだ人は、多ければそれに越したことがないとか、高すぎると高レベルの生活から抜け出せなくなるなど考えは様々なようですが、年収が少なすぎると生活に対しての心配が出てくるかもしれない懸念があるようです。
例えばケチケチして喧嘩になりそうだとか、お金の心配の無い生活が送れることや多少の貯蓄もしたいなどです。そして子どもが生まれた場合には安心して子育てできる収入が必要であり、愛情があるだけでは子育ては難しいと感じる人もいるようです。

現実的な生活を考えると…最低限で妥協?それとも高収入を望む?

その他の意見としては201万円から400万円の範囲が23人と2番目に多い結果でした。
そして200万円以下の少ない収入の場合は3人だけの支持、そして逆に多い601万円から999万円までが19人、さらに1000万円以上という高収入を望む人も16人いるという結果でした。

200万円以下の収入を選んだ人では性格の方が重要で高収入でも暴力をふるうような相手では幸せになれないというもっともな意見や、実際それぐらいで幸せという人もいました。
しかし結婚生活で最低限の生活をしていくには201万円から400万円くらいが妥当と考える堅実な人の方が多いようです。

逆に601万円以上の高収入を選んだ人の場合、愛があれば…という思いがあっても現実の生活を考えるとそれだけではダメなこともあると考える傾向が強くなるようですが、変わらぬ愛はお金では買えないということも承知の上のようです。

結婚する相手に望む年収…幸せを得るためには?

結婚にあたり相手に望む年収はそれぞれの人によって考え方の違いもあるでしょう。

1確かに収入が少な過ぎて生活や精神的に余裕がなくなり喧嘩の絶えない家庭になっても困りますし、収入が多くても愛情の無い結婚生活では寂しすぎます。
今回のアンケートでは401万円から600万円くらいを望む声が最も多く2番目の201万円から400万円までと合わせるとこの範囲で6割の支持があり、これくらいが現代女性の相手に望む年収の相場なのかもしれません。

また必要最低限あれば後は身の丈に合った生活をすればいいという堅実な考えを持った人もいたように、幸せは相手の年収だけでなく自分たちの力でつかんでいくものなのかもしれませんね。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。