サムシングフォーってなに?結婚を考えるカップルの為の幸せのおまじない

ゲンを担ぐのが好きなのが日本人。
結婚のジンクスって言うのも様々あるようです。

よく幸せになるためのおまじないとして聞く「サムシングフォー」。いったいサムシングフォーってなんでしょう?

サムシングフォーってなんなのさ?

「マザー・グース」の歌が由来で、花嫁が結婚式当日に「4つのなにか(サムシング)」を身に着けていくと必ず幸せな生活が送れると詠い伝えられております。

Something old, something new,

(なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの)

Something borrowed, something blue,

(なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの)

And a silver sixpence in her shoe.

(そして靴の中には6ペンス銀貨を)

なにかひとつ古いもの サムシング・オールド Something old

「祖先から受け継がれた幸せ、富みの象徴」

これから始まる生活の豊かさを祈り、先祖代々から伝えられたものを受け継ぐという意味です。
祖母や母のイヤリングやネックレスなどジュエリーやダイヤ、または結婚衣裳に使われたヴェールやレース、リボンなどの飾りなどを使用することもあるようです。
譲り受ける。という意味から彼女のご両親に相談するのもいいですね。

なにかひとつ新しいもの サムシング・ニュー something new

「経済的に豊かになるための隣人愛の象徴」

幸せな結婚生活を送っている友人などから、その幸運を分けてもらうという意味を表します。
それは家族だけではなく周囲の人々から愛されるというおまじないでもあります。
友人から借りるものであれば何でもよいらしく、ハンカチやペンなどの小物やからを借りるのが一般的のようです。

なにかひとつ青いもの サムシング・ブルー something blue

「花嫁の純潔の象徴」

青色は「青い鳥」同様、幸せを呼ぶ色とも言われています。
ただ、ここでいう青色は花嫁の純潔や貞定、清らかな心を象徴し、欧米では聖母マリアのシンボルカラーとして知られており人目に付かぬよう花嫁の身に付ける事とされているようです。
人目に付かないところで花嫁が身につける、というのがポイントで、ガーターに青のリボンを飾ったり、結婚指輪の内側にブルーダイヤをいれたりするのがポピュラーのようです。

指輪の内側にブルーダイヤ

ブライダルジュエリー専門店のマリアージュではご購入いただいたリングの内側にブルーダイヤを無料でお入れすることができるサービスもございます。

そして靴の中には6ペンス銀貨を And a silver sixpence in her shoe

1枚の6ペンス銀貨を花嫁の左靴に入れておくと、経済的にも精神的にも満たされ、豊かで幸せな人生をもたらすというイギリスのおまじないがあります。
お金を踏むという行為はなかなか縁起悪い気がする方は、新郎の左の胸ポケットに仕込んでおく方もいらっしゃるとか。

ちなみにこの6ペンス銀貨はイギリスの古い硬貨で1967年に発行が終了しています。
現在ではレプリカだったりしますが、ネットやブライダルグッズを扱うショップなどで比較的簡単に入手できるので、探してみるのもよいかもしれません。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。