結婚前に・・・男性を振り回す女性 3つのタイプ

1. お仕事の都合を理解しないタイプ

急な残業、急な出張などで、急な仕事上の付き合いなどで、彼女との約束が守れなくなった時、「ごめん!埋め合わせは今度するから」と言ったあなたに、いつまでもしつこく問いつめたり、事情無視して早く早くと急かしてきたり・・・

「頑張って!」の一言も言えない女性は要注意です。

一見、それだけ俺に会いたかったんだ、俺の事が好きなんだ、彼女は俺がいないとダメなんだ、と思いがちですが、いいえ、違います。
彼女は自分の都合で物を言っているだけで、あなたに罪悪感を芽生えさせたり、心を翻弄するのが目的です。
長期的な視点で見たら、この手の女性はあなたの負担になり、足を引っ張るでしょう。

かなりの頻度、仕事の都合でキャンセルしているなら話は別ですが、ちゃんと連絡もしてて、埋め合わせもしてるのに、わがままが止まらないなら、それはあなたの事が好きなのではなくて、彼女は自分の事が好きなのです。

優しいあなたは仕事を犠牲にして、彼女に尽くすかもしれません。
しかし、彼女のために夜中まで話し合いして翌日寝不足で集中出来ない、とか、仕上げるべき資料を仕上げず、彼女に会いに行った結果、上司に怒られる羽目に、とか・・仕事に影響が出始めたら要注意。

男性にとったら仕事は一生続くもので、それを応援したり理解できない女性は、結婚には向きませんね。

2. 簡単に別れを口に出すタイプ

「もう知らない!別れる」「これやったらもう別れるから」

ちょっとした喧嘩の時に、簡単に別れを切り出してくる女性は要注意です。

このタイプの女性は、最終手段を口に出すことで相手を翻弄しようとしています。そもそも別れる気なんてないのに。

その度に、あなたはフォローや要求を求められていませんか?謝罪を強要されてませんか?

泣いたり笑ったりスタンドプレイが多いのもこのタイプ。

そんなスタンドプレイに翻弄されることなく、チャンスとばかりに、「うん、分かった。バイバイ」位の強気で行ったらどうでしょう?

女性側は、別れるのが目的ではなく、相手を思うがままにするのが目的なので、予想外の展開に女性側は焦ります。
すぐに後悔して戻ってくると思いますよ。大切なのは、“別れは交渉の手段にはならない” と分かってもらうことですね。

3. 返事を催促してくるタイプ

「こないだの土曜日どうなった?」「あれはやってくれた?」

相手の状況を配慮できず、自分の思いつくままに催促してくる女性は、自分のペース、物差しで生きています。
このタイプの女性は、自分のペースは人に押し付けるのに、自分のペースを乱されるのは嫌う傾向にあります。

喧嘩した時も「それでどうなの?!」「何考えてるの?!」

・・・今考えてるっちゅーねん!

結婚はふたりのペースでやっていくもの。
どちらか一方のペースばかりに振り回されるのではなく、お互いが歩調をあわせたおつきあいができるのが理想ですね。

いかがでしょう。
自分と相手とふたり、この3つの視点がうまくバランスが取れるよう願っています。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店大宮店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。