マリアージュがこだわるマテリアル(地金素材)

毎日身に着けるものだからこそ、強度があり傷が付きにくい安定したマテリアルを選びたいものです。
マリアージュでは全ての素材に徹底的にこだわり、ブライダルリングとして使用するに最適な高品質なマテリアルをご用意しております。

Platinum -プラチナ-

プラチナの加工技術を磨き続けてきたマリアージュ。
その品質や精度にこだわり続けてきた私たちの技術力が、 その美しさを最大限に引き立たせます。
マリアージュ製品は日本金地金流通協会(JGMA)の正会員であり、ロンドン地金市場(LBMA)、ロンドン・プラチナ・パラジウム市場(LPPM)公認の溶解・検定を経たマテリアルのみを使用しており、 信頼のおける品質を誠実に守り続け、紛争鉱物を一切使用いたしません。

マリアージュのハードプラチナ950

結婚指輪や婚約指輪は、毎日身に着けるからこそ傷や変形に強い素材を選びたいものです。
わずかしか産出されない「希少性」変わらない輝きの「永遠性」に加え、精錬の難易度が高いルテニウムのより多い配合によって、一般的なPt950に比べて約2倍の硬さを持ち、アレルギー反応が起こりにくい、 ハードプラチナ950を実現し、傷や変形に強い「耐久性」の全てを備えるプラチナをご用意いたしております。

※Pt1000でのオーダーも受け賜っております。

硬度

Gold -ゴールド-

K18 ホワイトゴールド

マリアージュのホワイトゴールドはルテニウムが多く配合されているために色味としてはプラチナよりも黒い銀色となます。
よりクールで落ち着いた印象がお好みの方に人気のマテリアルです。ルテニウムはアレルギー反応が起こりにくい安定した高価なマテリアルで、
より多く配合する事で美しいブラックの色合いが深まります。コーティングをかけずに、無垢素材として、ホワイトゴールドの美しいお色をお楽しみください。

K18 イエローゴールド

マリアージュのイエローゴールドは、暖かみのあるゴールド。いつの時代も変わらぬ人気素材です。
サイズ直しにも柔軟に対応が出来ますので日常使いにはぴったりの素材です。ツヤ消し加工をすると、ひと味違う個性を引き出せます。

K18 ピンクゴールド

マリアージュのピンクーゴールドは、淡いピンクの色味がやさしい印象のピンクゴールドです。
ピンクゴールドに配合されている「銅」は金属の中でも非常に硬く、柔軟性が無いため、度重なるサイズ直しは不向きなお素材です。
※K18 ピンクゴールドの指輪のサイズ直しは、お造り直しで対応をさせていただきます。

マリアージュは、紛争鉱物(コンフリクトミネラル)を扱いません。

想いを込める指輪だからこそ、安心のノーコンフリクト素材で作りたい。
マリアージュのものづくりへのこだわりは素材の購入経路にも及びます。

ダイヤモンドのほかゴールドやプラチナにおいても、一般には紛争地域から流入したものが使われている可能性があります。

内戦などの財源となるこれらコンフリクトマテリアルは、一般商品はもちろんブライダル商品に使われることはあってはならないものだとマリアージュは考えます。

マリアージュの指輪に使われる素材は、OECD(経済協力開発機構)やLBMA(ロンドン地金市場協会)の指針および関連業界の対応指針に従って管理体制を構築している取引先から購入しています。

産出先のわからない二次流通(リサイクル)や紛争地域から産出した素材を使わない、安心のリングをお届けします。