PROMISEマリアージュが選ばれる理由

石言葉は「永遠の絆」
運命のセンターダイヤモンド

ブライダルにふさわしい永遠の輝きを放つダイヤモンド。
マリアージュでは、ひと粒ひと粒丁寧に見極め、厳選したダイヤモンドのみをご用意しております。

マリアージュが大切に考えることは、ただ高品質・高価格のダイヤモンドをご案内することではなく、おふたりが心からご満足いただけるダイヤモンドをお選びいただくことです。コンシェルジュが十分にお話をお伺いさせていただいた後、おふたりのご予算や価値観にあわせたダイヤモンドや、おふたりに縁の深いカラット数のダイヤモンドなど、たくさんのダイヤモンドの中から、おふたりに最もふさわしいオンリーワンをお探しいたします。

ラウンドブリリアントカット

ガビ氏 オリジナルカット アストラリス ASTRALIS

ダイヤモンドの品質は、
4C(よんしー)と呼ばれる4つの品質基準から
決められています

4Cとは、Carat(カラット/重さ)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ/内包物)、Cut(カット)のことで、それぞれの頭文字がCから始まることから4Cと呼ばれています。ダイヤモンドの品質、値段は、この4つの要素から決まります。

マリアージュでは、一生に一度の婚約指輪にふさわしいクオリティをおすすめしております。

センターダイヤモンド

Carat[カラット・重さ]

カラットとは、宝石の重さで、1カラットは0.2グラムで、“ct”と表記されます。同じ重量のダイヤモンドでも、他の品質の違いで輝きが違ってきます。 また、リングのデザインによりおすすめのカラット数も変わってきます。

 :マリアージュの取扱い範囲

4C(カラット)

Color[カラー・色]

カラーは、ダイヤモンドの色の品質を表していて、一般的に無色透明なほど稀少価値があります。マリアージュでは、ブライダルにふさわしいD~Gカラーのダイヤモンドを取り揃えております。

 :マリアージュの取扱い範囲

4C(カラー)

Clarity[クラリティ・透明度]

クラリティとは、自然に存在する内部の不純物(インクルージョン)や瑕(キズ:ブレミッシュ)の度合いによって評価される透明度を表すものです。
マリアージュでは肉眼で見て、ほとんど見た目が同じ美しさであるVS2クラス以上をご用意しております。

 :マリアージュの取扱い範囲

クラリティ

FL 石の内部、外部共に無欠陥・無欠点
IF 石の内部に無欠陥・無欠点
VVS1 10倍の拡大で発見困難な欠点
VVS2
VS1 10倍の拡大で発見が多少困難な欠点
VS2
S1 10倍の拡大で発見が容易。肉眼では困難
S2
I1 肉眼で用意に発見できる
I2
I3

Cut[カット]

カットは、ダイヤモンドの輝きや煌めきを決定づける一番大切な要素です。4Cの中で唯一人間が手を入れる部分もこのカットです。マリアージュでは、理想的な輝きを放つExcellent(エクセレント)以上のクオリティの中から、ひとつひとつ検品し、ハート&キューピッドが見られるダイヤモンドのみを取り扱っております。

 :マリアージュの取扱い範囲

3EX H&C トリプルエクセレント。最上級品。研磨状態、対称性に優れ、さらにハート&キューピッドが見える。
H&C EX ハート&キューピッド。最上級品。研磨状態、対称性に優れるか、ハート&キューピッドが見える。
Excellent エクセレント。最上級品。光学的に理想。
Very Good 理想的。光学的に優良なプロポーション。
Good 良好。光学的に優良で、必要十分なプロポーション。
Fair やや劣る
Poor 劣る

コンフリクト・フリーについて

マリアージュは、紛争ダイヤモンドを取り扱いません。

生涯に一度の「愛する想い」を伝えるダイヤだからこそ、100%の安心をお約束します。

紛争ダイヤモンド(コンフリクト・ダイヤモンド)とは内戦地域から産出され、その収益が内戦の財源につながるダイヤモンドの原石を指します。

一般のダイヤモンドは原石の供給地や流通経路、研磨会社や職人など、不明確な点が多いのが現状です。

その中には紛争ダイヤや二次流通(リサイクル)ダイヤなどが市場に流通していることもあります。

マリアージュでは、紛争と関係のない地域から供給されていることを示す、原産地証明書(キンバリープロセス証明書)の取れたダイヤモンドのみを使用しています。
一生に一度の「愛する想い」を安心してご愛用ください。

ご予約なしでも指輪はご覧頂けますが、土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただきますと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。