石言葉は「永遠の絆」
運命のセンターダイヤモンド

ブライダルにふさわしい永遠の輝きを放つダイヤモンド。
マリアージュでは、担当スタッフがプロの目線でひと粒ひと粒丁寧に見極め、厳選したダイヤモンドのみをご用意しております。

マリアージュが大切に考えることは、ただ高品質・高価格のダイヤモンドをご案内することではなく、おふたりが心からご満足いただけるダイヤモンドをお選びいただくことです。コンシェルジュが十分にお話をお伺いさせていただいた後、おふたりのご予算や価値観にあわせたダイヤモンドや、おふたりに縁の深いカラット数のダイヤモンドなど、たくさんのダイヤモンドの中から、おふたりに最もふさわしいオンリーワンをお探しいたします。

マリアージュではダイヤモンドの輝きに最もこだわり、輝きを最大化する為に生まれた特別なダイヤモンドをご用意しております。

ダイヤモンドの鑑定書

ピンクダイヤモンド

GIA(米国宝石学会)が定めた品質基準である4C。Cut(プロポーション)、Carat(重さ)、Color(色)、Clarity(透明度)を基準とし、各鑑定機関が発行した証明書となります。マリアージュのセンターダイヤモンドは全て中央宝石研究所で鑑定書を取得しています。

サリネライトレポート

ピンクダイヤモンド

これまでの鑑定書では測れなかった輝きそのものを数値化した鑑定書で、4Cの評価基準では測れない、内包物の位置やより細かなカットの形状の違いから生まれる輝きの違いを分析し、グレーディングした鑑定書となります。

マリアージュは、紛争ダイヤモンドを取り扱いません。

生涯に一度の「愛する想い」を伝えるダイヤだからこそ、100%の安心をお約束します。

紛争ダイヤモンド(コンフリクト・ダイヤモンド)とは内戦地域から産出され、その収益が内戦の財源につながるダイヤモンドの原石を指します。

一般のダイヤモンドは原石の供給地や流通経路、研磨会社や職人など、不明確な点が多いのが現状です。

その中には紛争ダイヤや二次流通(リサイクル)ダイヤなどが市場に流通していることもあります。

マリアージュでは、紛争と関係のない地域から供給されていることを示す、原産地証明書(キンバリープロセス証明書)の取れたダイヤモンドのみを使用しています。
一生に一度の「愛する想い」を安心してご愛用ください。

もっと詳しく

01:ダイヤモンドの品質を決める”4C”

02:サリネライトレポートとは

03:アイデアルプロポーションとは