03:アイデアルプロポーションとは

マリアージュではダイヤモンドの輝きにこだわり、 特別なダイヤモンドをご用意しております。 4Cグレーディング、トリプルエクセレント、ハート&キューピッドを満たした状態で、 目に見える輝きを最大限に引き出したプロポーション、それがマリアージュアイデアル®です。 それは同時にダイヤモンドの輝きの鑑定「サリネライトレポート」の最高評価基準も満たす事になりました。 ライトパフォーマンスで最高評価「アルティメイトトリプルスター」、 輝きにこだわる事で必然的にアルティメイトトリプルスターも取得しています。

また、ベルギーの数学者であり、宝石職人でもあったマルセル・トルコフスキーが提唱したアイデアルカットの理論を元に、現代の先端技術によって最高の輝きを実現したマリアージュアイデアルは、2016年に日本との外交関係樹立150周年を記念した公式ロゴの使用権を、ベルギー大使館より取得しました。

マリアージュ アイデアル® (Mariage IDEAL®)

本来ラウンドブリリアントカットはダイヤモンドの輝きを最大化する為に、 数学者でもあるマルセル・トルコフスキーによって設計されたカットとなります。 ただ、通常の4Cグレーディングではプロポーション基準に一定の幅があり、 同じグレードだとしても個体差が生じてしまいます。 その設計上の理想値とも言えるプロポーションがアイデアルです。 「マリアージュ アイデアル®」は、その幅を極限まで理想値に近づける事で、 本来のダイヤモンドの輝きを最大化する事が出来たのです。 また、特にテーブル径を全体の57%以下に設定する事により、 中央の弱い輝きを少なくし、目に届く輝きを多くしています。

ロングスター(内反り)

「マリアージュ アイデアル®」の最大の特徴は、 ロングスターと言われる内反りのカットにあります。 通常ダイヤモンドは上から入った光を全て上面に跳ね返すように設計されています。 カットプロポーションが良い場合輝きが良いのはこの基本設計に基づいているからと言えます。 また正面に光を跳ね返す面は、テーブル径とテーブルに隣接するスターファセットとなり、 そのスターファセットを内反りにカットする事で、ファセット自体の面積を大きくする事になり、 反射量を多くしているのです。 スターレングス(スターファセットの長さ)の長さを55%以上にする事で、 最も輝きの強い中央のアロー部分を大きくし、 輝きを大きくしています。

トリプルエクセレント、ハート&キューピッド

ダイヤモンドの輝きをより追求したプロポーションを持った「マリアージュ アイデアル」、 通常あるようなファンシーカットとは違い、 一般的なラウンドブリリアントカット58面体を基本のプロポーションとしている為、 トリプルエクセレント、ハート&キューピッド認定はもちろん受けた状態となります。 通常のダイヤモンドと同様の鑑定書が付属いたします。

ダイヤモンドの輝きへのこだわり

「マリアージュ アイデアル」は通常のダイヤモンドとは異なり、厳密で明確な基準を設定しています。基準を、満たすためには、原石の選定からカット工程での厳格な管理、そしてダイヤモンドのクオリティを正確に限定する技術が必要不可欠です。マリアージュアイデアルのダイヤモンドはカットグレードの最高評価「アイデアルカット」、また、輝きのグレードにおいて、最高評価「Ultimate・トリプルスター」を兼ね備えた究極の輝きを約束するダイヤモンドです。

もっと詳しく

01:ダイヤモンドの品質を決める”4C”

02:サリネライトレポートとは

03:アイデアルプロポーションとは