選べる2種類のメレダイヤ

0.1ct以下の小さなダイヤモンドのことを「メレダイヤ」と言い、婚約指輪の中石(センターダイヤ)を引き立てる脇石や、結婚指輪を飾るダイヤとして使われています。

メレダイヤの輝きは、可憐で上品な指輪の印象を与えてくれます。
メレダイヤの無いシンプルなデザインも素敵ですが、小さく輝くメレダイヤをあしらうことにより、指輪に可憐さや気品をもたらしてくれます。

2種類のメレダイヤ

マリアージュでは、選べる2種類のメレダイヤをご用意しています。
海外ブランドでも一般的に使用されている「ノーマルメレダイヤ」と、ハート&キューピッドが現れる精密なカットの「トップメレダイヤ」。
おふたりのご希望にあわせてお選びください。

より多くの煌きを放つメレダイヤ『ハート&キューピッド』

ハート&キューピッドとは、優れたラウンドブリリアントカットのプロポーションと、高いシンメトリー(対称性)が生み出す現象で、専用のスコープで見ると、ダイヤモンド上部(クラウン側)からは8本のキューピッドの矢が、ダイヤモンド下部(パビリオン側)からは、8つのハートの模様が確認できます。

また、ハート&キューピッドは『相手のハートを射止める』と言う意味もあり、ブライダルにふさわしい品質です。

ハート&アロー
(左)キューピッドの矢(右)ハート

メレダイヤの輝きの美しさを実際に動画でご覧いただけます

ハート&キューピッド専用スコーププレゼント

ハート&キューピッド専用スコープ
専用スコープ

店頭にて専用スコープを使い、ダイヤモンドを見比べていただけます。リングにダイヤモンドをお留めしたら見ることができないダイヤモンド下部から見える“ハート”もご覧いただけます。
また、ご納品時にはハート&キューピッドを自宅でも見る事ができる専用スコープをプレゼントしておりますので、ぜひマリアージュの美しいハート&キューピッドをお楽しみください。

マリアージュは、紛争ダイヤモンドを取り扱いません。

世界の紛争地域で産出されたダイヤモンドの不正取引を根絶するために、国際的機関が定めた「キンバリープロセス」。マリアージュでは紛争と関係のない地域から供給されていることを示す、原産地証明書(キンバリープロセス証明書)の取れたダイヤモンドのみを使用しています。

一般市場におけるダイヤモンドは原石の供給地や流通経路、研磨会社や職人など、不明確な点が多いのが現状です。その中には紛争ダイヤや二次流通(リサイクル)ダイヤが多く含まれ市場に流通しています。

生涯に一度の「愛する想い」を伝えるダイヤだからこそ、100%の安心をお約束します。