ひと粒ひと粒心を込めて
幸せが続くミル打ち(ミルグレイン)

マリアージュのミル打ち(ミルグレイン)
マリアージュのミル打ち(ミルグレイン)

ミル打ち(ミルグレイン)とは、ジュエリーのエッジやライン部分に小さな打刻模様を連続してつける装飾方法のことで、ミル打ちとも呼ばれます。「千の粒」という意味を持ち、連続して連なっていることから「幸せが続く」や「子孫繁栄」などの幸福を示す意味を持ちます。

型を押し付けて打刻するだけのものや、あらかじめ型を取り鋳造(ちゅうぞう)する方法もありますが、マリアージュのミル打ち(ミルグレイン)は、リングの型を取った後、玉のひとつひとつを職人が丁寧に刻んでいますので、ふっくらと丸い地金の玉が光を受けきらきらと輝いています。

アレンジとしても施すことができ、リングの印象にプラスα付け加えたい方にも人気のアレンジです。

是非店頭にて他にはない美しい輝きを放つミル打ち(ミルグレイン)をご覧ください。

ミル打ちアレンジ例 -婚約指輪-

ミル打ちアレンジ例 -結婚指輪-