PROMISEマリアージュが選ばれる理由

01:マリアージュがこだわる
憧れのピンクダイヤ

マリアージュがこだわる憧れのピンクダイヤ

世界中の女性の心をとりこにしてやまないピンクダイヤ。

ダイヤモンドと言えば、本来無色透明ですが、天然のピンク色をしたダイヤモンドが存在するのをご存じでしょうか。

本来無色透明のダイヤモンドが、どうしてピンク色になるかはいまだ解明されておらず、とても神秘的な宝石です。

また、一口にピンクダイヤといってもそのカラーには様々なトーンがあります。

ブラウンがかったピンクもあれば、オレンジがかったピンクもあります。にごりなく美しいピンク色はピンクダイヤの中でもわずかしかありません。マリアージュでは専任のスタッフが厳選して、にごりのない紫がかった美しいピンクダイヤだけを選び出しています。

マリアージュのピンクダイヤが 他とは違う理由

1,色のトーンを専任スタッフが厳選します

ピンクダイヤといっても自然が育むピンク色のため、その色味は様々です。この世界に同じ色はふたつと存在しません。

ピンクダイヤの色は、【色の明るさ・暗さ】と、【色の濃い・薄い】の2つの要素で評価されます。
暗いより明るい、薄いより濃い方が価値があるとされています。
色のトーンが暗いものや、ブラウンがかったピンク色はぱっと見、ピンク色が濃く見えます。でもそれは本当の色の濃さとは違います。
マリアージュでは専任のスタッフが1ピース、1ピースを丁寧にチェックして、色のトーンを確かめて濃淡3種類に選別しています。実際に店頭で見比べていただき、お好きな色味をお選びいただけます。

3種類のピンクダイヤ

テンダ―ピンクダイヤの美しさについて

直営店のみのお取扱です(数量限定)

プレミアムマリアージュピンク
マリアージュのピンクダイヤの中でも最もピンク色が濃く紫がかった(ファンシーインテンスパープリッシュピンク)ピンクダイヤ。

マリアージュピンク
ファンシーピンクのなかでも発色がよいものを選んでいます。美しく上品なお色のピンクダイヤ。

フェアリーピンク
淡い桜色でやさしい雰囲気の感じられるピンクダイヤ。

2,クラリティ(透明度)にもこだわり、厳選しています

ピンクダイヤには、内包物が多く含まれる傾向があります。
一説によると、ピンクダイヤの色の起源は、地中深くからダイヤモンドが地上へと押し上げられる際の圧力によって、中に入っている不純物が変化してつけられたのでは?という説があります。そのせいかどうか、ピンクダイヤには内包物が含まれることが多く、内包物の少ないものは非常に希少です。

ピンクダイヤの価値はその色で決まるため、通常、内包物の有無はあまり問題視されません。しかし、折角美しく発色しているピンクダイヤでも、黒いカーボンやクラック(亀裂)があると、どうしても石の輝きに影響が出てしまいます。

マリアージュではカラーはもちろんのこと、クラリティ(内包物)も厳しくチェックしています。

是非、美しく輝くピンク色を店頭にてご体験ください。

ピンクダイヤについてもっと詳しく

02:テンダ―ピンクダイヤ
の美しさ

03:婚約指輪・結婚指輪に
あしらうピンクダイヤ

Diamond-arg01b

04:ピンクダイヤの
希少性

ご予約なしでも指輪はご覧頂けますが、土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただきますと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。