no.40日常生活の中で結婚指輪(マリッジリング)はいつ外す?

「毎日着ける」はじめてのアクセサリー?

夫婦の愛の証である結婚指輪(マリッジリング)。一般的には毎日身に着けているものという認識が強いですが、意外と四六時中アクセサリーを身に着けていた経験のある方は少ないのではないでしょうか。

特に男性は結婚指輪(マリッジリング)がはじめてのアクセサリー、という方も多いはずです。

本当に24時間外さないの?」気になるこんな疑問を解消していきます。

ずっと身に着けている人が多数派

せっかくおふたりで選んだ結婚指輪(マリッジリング)ですから、ふたりの絆を感じていたいという意味でも、また「失くすのが不安だから」という現実的な意味でも、やはり24時間365日身に着けている人が多いようです。

ここで気になってくるのが、せっかくの結婚指輪(マリッジリング)が汚れたり傷がついたりしないのかということ。当然ながら、日常生活の中で常に身に着けていればどうしても汚れや傷がついたり、変形したりしてしまうことはあります。

また意外と気を付けたいのが指のサイズの変化です。特に購入時より指が細くなって結婚指輪がくるくる回るようになってしまうと要注意です。ふとした瞬間に指輪が抜け落ちてしまい、そのまま紛失…なんてこともあります。毎日身に着けているとサイズの変化に気付きにくいこともありますので、注意が必要です。

結婚指輪(マリッジリング)をいつまでもキレイに保ちたいという方はこまめに汚れを拭き取ることを心掛け、それでも取れない汚れや傷は購入したお店のアフターサービスを利用するようにしましょう。

保証範囲はお店によって異なりますが、マリアージュはクリーニングや小傷取り、サイズ直しを生涯無料で行っています。

毎日結婚指輪(マリッジリング)を身に着けたい、という方はこのアフターサービスを上手に活用しましょう。

「家事のときだけ外す」という人も

女性に多いのが「家事のときだけ外す」というパターンです。特に料理の際の衛生面を気にして外す方も多いようです。また男性でも仕事のときだけ外すという方もいらっしゃいます。

確かに、ずっと身に着けている場合に比べて結婚指輪(マリッジリング)自体の汚れや傷が付くリスクは低くなりますが、逆に紛失のリスクがつきまといます。

紛失しないためには、「結婚指輪(マリッジリング)の置き場所をちゃんと用意する」ことが重要です。「用意する」というのは「決める」とは異なります。単に「棚の上に置いておく」などと決めるだけでは、何かの拍子に指輪が落ちたりしてそのまま紛失してしまうリスクがあるので、結婚指輪(マリッジリング)のために保管するリングケースを用意し、そこに収納するようにしましょう。

外出先では難しいかもしれませんが、「とりあえず服のポケットに入れておく」というのは絶対にやめましょう。座ったり立ち上がったりしたタイミングで落としてしまうことがあります。胸ポケットが大きくゆるいシャツなどは尚更そのリスクが高いです。可能であれば携帯できるリングケースを持ち歩くか、ネックレスに通して首にかけるなどして、どこにあるのか常にわかる状態にしておきましょう。

結婚指輪(マリッジリング)を常に身に着けることで、常に夫婦の絆を感じることができます。一生に一度の大切な指輪です。紛失することのないよう、日常生活の中で外す際にはしっかりと管理するよう心掛けてくださいね。

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。