婚約指輪・結婚指輪

婚約指輪・結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪の「重ね着け」で魅力が倍増

「結婚指輪(マリッジリング)は普段使い用で、婚約指輪(エンゲージリング)は結婚式などのパーティー用」 このようにそれぞれを区別している方が多いのではないでしょうか。 でも、最近ではこれらを重ね着けする方が多く、購入時から重ねることを意識してそれぞれの指輪を選択している方も少なくありません。
今回は婚約指輪と結婚指輪を重ね着けするメリット・デメリットと、組み合わせ例をご紹介します。

メリット・デメリット

シンプルな結婚指輪は日常的に着用するには最適ですが、パーティーシーンやちょっとしたお出かけの時には少し地味に見えてしまうかもしれません。
婚約指輪はたしかに綺麗ですが、飽きてしまう場合もあります。

ちょっとしたアレンジとして、二つを重ね着けしてみましょう。最大のメリットは使い勝手の良さです。
もともと結婚指輪は常に使用する方が多いので、重ねて着けられない婚約指輪を選んだ場合、一度結婚指輪を外してから婚約指輪を左の薬指に着けるか、別の指や右手に着けるという使用法になります。
重ね着けが出来るデザインであれば、常に使用している結婚指輪に婚約指輪を重ねて、ちょっとしたお出かけに気軽に着けていくことができるのです。
その際ぴったり重ねたいと思うと、やはり婚約指輪と結婚指輪を合わせて購入すると相性が抜群ですので、相互作用で指先をよりきれいに演出することができます。

デメリットとしては、指輪のサイズ選びが少し難しくなる点。
重ね着けを考えて婚約指輪を選ぶ場合、指のカタチにもよりますが、結婚指輪とのサイズを少し変えて作ったほうが使用感は良くなります。 そのため、結婚指輪と婚約指輪を別々に身に着ける時に、結婚指輪の着け心地が悪くなってしまう事があるかもしれません。
合わせて購入する場合は、どちらか一方だけをつけた時の事も考えて選んでください。 婚約指輪と結婚指輪を選ぶ際にはこういった点も考慮して、自分にぴったりの合わせ方を見つけていきましょう。

おすすめの組み合わせ

ソリティアタイプの婚約指輪と、シンプルなストレートラインの結婚指輪の組み合わせは定番です。
婚約指輪で一番人気のあるデザインはソリティアタイプですから、持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
また、指輪の重ね着けをする場合は、二本の隙間は少ないほうがきれいに見えるとされています。 ストレートの婚約指輪とS字ラインの結婚指輪だとラインは合っていませんが、S字ラインはXラインと近いので、隙間をあけずに重ね着けが可能ですのでおすすめです。

婚約指輪と結婚指輪にはそれぞれ全く異なる魅力がありますが、重ね着けをすることで、また新たな美しさが生まれてくるかもしれません。 これから指輪を購入しようと考えているカップルは、ぜひ意識してみてください。

記事の一覧へ

ご来店予約

初回ご来店特典

アコヤ本真珠
プチネックレス プレゼント

土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただくと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。

ご来店予約 店舗のご案内
ページトップへ戻る