婚約指輪・結婚指輪

婚約指輪・結婚指輪

婚約指輪(エンゲージリング)は「いらない」という女性の本心は?

4婚約指輪は「いらない」という女性の本心は?

以前はほとんどの男性が贈っていた「婚約指輪(エンゲージリング)」ですが、近年は女性側が「いらない」と主張する場合が増えています。
「いらない、という女性の本心は?」
「これから結婚するのに、本当に贈らなくてもいいの?」
そんな男性の疑問について、女性のホンネをアンケートを元にひも解いてみます。

「婚約指輪はいらない」って本心?女性のホンネは?

・「結婚指輪だけで十分だったから」(31歳女性)
・「婚約指輪を使う機会が少ないだろうから」(28歳女性)
・「婚約指輪自体に必要性を感じなかった」(31歳女性)
アンケートによれば、婚約指輪を実際にもらわなかった女性は約3割強。
理由としては、女性側が「いらない」と断ったケースが1番多くあがっています。
上記のように「婚約指輪自体に必要性を感じなかった」というものが多いですが、その裏では「使う機会が少ない婚約指輪にお金をかけさせては申し訳ない」「将来のためにそのお金を使った方がいいのでは」といった女性の優しさ、気配りから来る遠慮がちな気持ちも。 また「おめでた婚なので婚約指輪購入にまわすお金の余裕がなかった」「彼が学生で無収入だったため、婚約指輪が欲しいなんてとても言えなかった」など、結婚時の状況によって「婚約指輪が欲しい」というホンネは言えなかった女性も多いようです。

「婚約指輪がないと離婚率が上がる?」

諸事情により、お金のことを考え婚約指輪はいらないという現実的な理由とは裏腹に、婚約指輪を贈らなかったカップルは離婚率が高くなるという驚きのデータもあります。
リクルートブライダル総研が行った夫婦関係調査によると、『結婚時に行った儀式』で"離婚経験のある独身者"と"有配偶者"の大きな違いは、1位が"挙式・披露宴自体を行っていない事"で、2位は"婚約指輪(エンゲージリング)を購入していなかった"というデータが出ました。 式を挙げたり婚約指輪を贈ったりは確かにお金のかかることですが、一生に一度の一大事です。「結婚」という一大イベントに情熱を注げなかったり、「婚約指輪をきちんと段取りを踏んで贈る」ということに手を抜いたりした先には・・・ということをデータが示しています。 また、そういったやりとりの中で、ふたりの絆や愛情が深まったりするものです。 婚約指輪は男性から女性へ「永遠の愛を込めたプレゼント」を贈ることでもあります。 指輪そのものの大きさや値段ではなく、その気持ちや婚約指輪を贈る行為自体が、女性の心を強く掴むのです。

結局のところ「婚約指輪はもらっておけば良かった」と後悔・・・

結婚してからの高価な買い物は、車やマイホームなど、"自分のため"ではなく"家族のため"が中心となります。
普通の家庭であれば、上質な指輪をプレゼントしてもらうチャンスは、一生の中で「結婚」というイベント以外には、もうほとんどないでしょう。 「婚約指輪をいらない」と言った女性の大多数が「やっぱり婚約指輪をもらっておけば良かった・・・」と後悔しているそうです。 婚約指輪は記念日や子どもの入学式など特別な日につける方が多いのですが、その際「他の女性が素敵な婚約指輪をしていて羨ましく思った・・・」という声もあります。 また「婚約指輪は値段のわりに着ける場面が少なくてもったいない」という理由からいらないと決めた女性も多くいますが、近年は結婚指輪と重ね着けする前提で作られたセットリングや普段使いが出来るデザインの婚約指輪も増えています。
婚約指輪をプレゼントされて嬉しくない女性はいません。

もしも彼女が「婚約指輪はいらない」と主張しても、そのホンネは別のところにあると心得ておいたほうが良いようです。
女心をくみ取って、あらためて話し合ってから、ふたりだけの答えを出しても遅くないと思います。 婚約指輪は「結婚」という一生の一大イベントの記念になるものです。ふたりで相談して納得のいく結果を導き出してくださいね。

『憧れをカタチに』マリアージュ エントの婚約指輪

マリアージュ エントのこだわりは、"憧れをカタチにすること"です。エレガントで女性らしいデザインの「マリアージュ エント」、きらびやかで美しいフォルムを最大限に追求した「アンマリアージュ」自然体でふたりらしさを表現できる「クアンドゥマリアージュ」があります。

婚約指輪一覧へ

記事の一覧へ

ご来店予約

初回ご来店特典

アコヤ本真珠
プチネックレス プレゼント

土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただくと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。

ご来店予約 店舗のご案内
ページトップへ戻る