プチアレンジ

プチアレンジ

婚指輪を彩る「ミル打ち=ミルグレイン」の魅力

婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)のデザイン、アレンジとして人気のある「ミル打ち=ミルグレイン」。
指輪の装飾を彩るデザイン性だけでなく、ヨーロッパで古くから伝わる様々な魅力的な意味を持ち併せているのです。
今回は、そんな「ミル打ち」の魅力についてご紹介します。

「ミル打ち」とは

ミル打ちとは、結婚指輪・婚約指輪の地金(マテリアル)のエッジやライン部分に小さな丸い粒を連続して打刻していく、ヨーロッパで古くから伝わる装飾技法のひとつです。
欧米の歴史ある美術館などに展示されている、多くのアンティークジュエリーにも施されています。 「ミル」とはラテン語のミルグレインのことで、「千の粒」という意味があります。「千」には縁起の良い「子宝」「永遠」「長寿」などの意味があり、婚約指輪・結婚指輪などに多く使われる装飾技法です。 小さな丸い粒を、美しく均等に連続して打刻するには、熟練の技術が必要となります。特に地金(マテリアル)が硬い金属に対して、一定の幅・大きさ・深さで均等な丸みをつくりだすのは至難の業であり、わずかな誤差が指輪全体の輝き、美しさ、フォルムに大きく影響します。

img_column_mill_02.jpg

「ミル打ち=ミルグレイン」で幸せを込められた婚約指輪・結婚指輪へ

ミル打ちアレンジを施すと「クラシカルで上品になり、小さな輝きが増えてゴージャスな雰囲気に変わる」「フラットな面が少なくなるため、リングの傷が目立ちにくくなる」というメリットがあります。
シンプルであまり装飾のない指輪にミル打ちを加えるだけでも、随分印象が変わります。それは、ミル打ちの小さな丸い粒が、ダイヤモンドのように小さな輝きを放つからです。施し方によってはウェディングドレスのレースのように、小さく華奢でとても繊細な雰囲気を与えてくれます。
リングは長年使用することで輝きを失うことがありますが、ミル打ちを施した部分はヨーロッパのクラシカルな建築物と同様に、伝統的かつ独特の風合いを生み出して、立体感のある美しさを保ちます。 クラシカルなアンティークジュエリーが今でも美しさを保ち、人々を魅了し続けている理由の一つは、このミル打ちの効果かもしれません。

img_column_mill_01.jpg

「美しさ」を左右する、ミル打ちの加工技法

ひとくくりに「ミル打ち」と言っても、加工技法はいくつかの種類があります。
その中でも広く知られている方法として

①手で一粒ずつ打ち込む
②あらかじめ型を取り鋳造する
③ミル打ちしたように見える型に押し付けて打刻する」

の3つが挙げられます。
②や③のように「型」を使用したミル打ちは、ローコストで簡単に加工できますが、均等で美しい粒をつくることができません。 均等な美しいミル打ちは、①のように熟練した職人の手によって、丁寧に粒をひとつずつ刻むことで実現します。 婚約指輪・結婚指輪にミル打ちのアレンジを付け加えたい方は、そのような熟練した技術を持った職人が加工する、ブライダルリング・ショップを選ぶことをおすすめします。

記事の一覧へ

ご来店予約

初回ご来店特典

アコヤ本真珠
プチネックレス プレゼント

土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただくと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。

ご来店予約 店舗のご案内
ページトップへ戻る