婚約指輪・結婚指輪

長く使いたい結婚指輪(マリッジリング)だから素材にこだわりを

結婚指輪(マリッジリング)はデザインがシンプルな分、素材選びがとても重要になってきます。 もちろん見た目の雰囲気やデザインは重要ですが、結婚指輪は一生身につけ続けるものですから、強度が十分あって丈夫で長持ちすることも考えなければなりません。 数ある素材のうち、どのような素材が長持ちするのでしょうか。 ここでは結婚指輪におすすめの素材をまとめてみました。

img_column_materials_01.jpg

一番人気の素材はプラチナ

特に日本では、絶大な人気を誇っているのがプラチナです。
その白い輝きは、ロマンチックでノーブルな雰囲気です。 宝石としても価値が高く、耐食性に優れ、適度に加工もしやすく、さらに変色にも強いという特徴があります。ただ、純度が高くなりすぎると柔らかく、変形しやすくなってしまいますので、パラジウム等の金属を少し混ぜて、強度を保つのが一般的です。

イエローゴールド

ヨーロッパで作られた結婚指輪は、イエローゴールド(YG)が多いと言います。
歴史的、伝統的にイエローゴールドで装飾することが多く、クラシカルな雰囲気があります。ゴージャスな雰囲気を好む方、持っているアクセサリーがゴールドばかりという方におすすめです。 変色には強いのですが、純度が高いものほど柔らかいので、強度が弱くなります。しかし、純度が低くなると宝飾、金属としては価値が低くなりますので、18金以上のものがおすすめです。

ピンクゴールド

ピンクゴールド(PG)は金(イエローゴールド)に銅を混ぜたもので、強度は非常に高い金属です。
ただし固い分、加工しにくくサイズ調整が難しいので、事前に調整可能かどうか確認しておくことが重要です。 また、銅が含まれているので変色しやすい性質があります。温泉等に入るときには外した方が良いでしょう。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールド(WG)は、金(イエローゴールド)にパラジウム等の金属でメッキをほどこした素材です。
変色や変質には強いですが、長期間使用するとメッキがはがれて地金が見えてしまうこともありますので、特に注意が必要な素材だと言えるでしょう。 こまめにメンテナンスを行えば、結婚指輪の素材として十分利用できます。

パラジウム・チタン等のその他金属素材

金属としての資産価値はあまりありませんが、リーズナブルで強度も高いことから、近年人気が上昇しているのが、パラジウムやチタン等の金属素材です。
パラジウムはプラチナと同じような輝きを持ち、変形・変質・変色に強く、重さはプラチナの2分の1です。ただ、摩擦に弱い特性があり、すり減りやすいという弱点があります。 チタンはアレルギー体質の方でも身に着けられる金属で、同じく変形・変質・変色にも強く、重さはなんとプラチナの4分の1です。ただ色味が少し暗めなので、輝きの華やかさには欠けます。


それぞれの素材に特徴があって一長一短ですが、結婚指輪・婚約指輪は一生に一度の特別な贈り物です。 答えは一つではありません。ふたりにとって意味のある素材を選びましょう。

マリアージュ エントのこだわりの素材について

マリアージュ エントでは確かな基準で選りすぐったダイヤモンドをはじめ、多彩な素材や地金を取り揃えています。

センターダイヤモンドからピンクダイヤまでこだわりの素材はこちらから プチアレンジできる豊富なデザインの婚約指輪はこちらから
こだわりのダイヤモンドを用いた婚約指輪


婚約指輪・結婚指輪の選び方について関連するコラムはこちら

重ね付けできるセットリング
婚約指輪と結婚指輪の「重ね着け」で魅力が倍増

「結婚指輪(マリッジリング)は普段使い用で、婚約指輪(エンゲージリング)は結婚式などのパーティー用」 このようにそれぞれ...

more
乾杯するカップル
結婚指輪選びに大切な4つのこと

結婚指輪は生涯着け続けたい大切な宝物です。深く考えずに購入すると後悔してしまう事も多いので、長い間着け続けたいのならば...

more
記事の一覧へ

ご来店予約

初回ご来店特典

アコヤ本真珠
プチネックレス プレゼント

土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただくと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。

ご来店予約 店舗のご案内
ページトップへ戻る