COLUMN婚約指輪・結婚指輪にまつわるコラム

no.20婚約指輪(エンゲージリング)と違い、結婚指輪(マリッジリング)は男性/女性どちらが支払うもの?

婚約指輪(エンゲージリング)の支払は男性が持つことが多いけど、結婚指輪(マリッジリング)は・・・

男女が結婚する際に、神様へ愛を誓う証として結婚指輪(マリッジリング)を購入するのが一般的です。

婚約指輪(エンゲージリング)の場合は男性が女性にプレゼントするものなので、支払いも男性が受け持つことが多いですが、結婚指輪の支払いはどのようなスタイルが望ましいのでしょうか。

今回は結婚指輪(マリッジリング)をどちらが購入するのかをご説明します。

「結婚指輪は贈り合うもの」が多数派

男性で婚約指輪(エンゲージリング)を着けている方が少ないのは、世間一般的に婚約指輪が「女性のもの」と認識されているからです。

しかし、結婚指輪(マリッジリング)は「夫婦のもの」となるため、どちらか片方のために購入するものではありません。

ですから、結婚指輪を購入する場合は「お互いでパートナーの結婚指輪を購入し、贈り合う」というスタイルをとるカップルが多いようです。

値段を折半にする、お互いが個人の貯金を使って購入する、夫婦共同のお財布で支払いを済ませるなどで「お互いに贈り合う」を実現させているようです。

婚約指輪の購入についての関連記事はこちら

とはいえ結婚指輪の支払いは男性?

結婚指輪の支払いは、お互いが折半する夫婦が多いのは確かですが、夫婦の形はさまざまで、支払いにもいくつか形があるようです。

例えば、全額男性が支払うケースも少なくありません。

男性の場合、普段ジュエリー・アクセサリーの類を着ける習慣がない方が多いので、どうしても婚約指輪(エンゲージリング)と同じく、結婚指輪(マリッジリング)に関しても「女性が主役」になりがちです。

結婚指輪でさえも、自分が着用するというよりは相手にプレゼントするという気持ちが強くなるため、男性が支払いを済ますという構図になるのでしょう。

婚約指輪の支払いについての関連記事はこちら

とても律儀な女性は婚約指輪のお返しに?

折半でも、男性が支払うわけでもなく、結婚指輪(マリッジリング)を女性が2本分支払うケースも意外と多いです。

というのも、女性は男性からプロポーズをされる際、多くの場合では男性から婚約指輪(エンゲージリング)をプレゼントされます。

前述の通り、婚約指輪は男性から女性へのプレゼントするので、婚約指輪にかかる費用は男性が負担するものです。

男性にとっても婚約指輪を贈ることは自然なことですので何ら問題はないのですが、とても律儀な女性は「自分だけもらってばかりで悪い」と思ってしまうのだとか。

「婚約指輪を購入してくれたから、私が結婚指輪の分を出すね」という方も案外います。

結婚指輪・婚約指輪の支払いの形は夫婦の関係性次第で変わりますが、決して画一的な答えがあるわけではないので、あまり固く考えず、自分たちの考えた支払い方法を見つけることが大切です。

お金の問題は意外とシビアになりがちですが、夫婦2人でよく話し合って納得した上で、満足のいく結婚指輪を選んでください。

婚約指輪のこだわりについての関連記事はこちら

直営店は首都圏に 銀座本店みなとみらい横浜本店立川店町田店千葉店キラリト ギンザ店 がございます。
マリアージュの直営店はこちらからご覧ください。