婚約指輪・結婚指輪

婚約指輪・結婚指輪

「婚約指輪」と「結婚指輪」の違い

column30_01.jpg

これからプロポーズを考えている男性なら、どんな指輪を贈れば良いのか気になるところですよね。 男性にとって宝石やジュエリーは、これまでの人生であまり意識したことのないものである場合が多いもの。 「婚約指輪と結婚指輪って違うの?」 なんて疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

結婚指輪(マリッジリング)と婚約指輪(エンゲージリング)の違いについて、押さえておきましょう。

「婚約指輪」と「結婚指輪」って?

「婚約指輪」は、いわゆる「エンゲージリング」。プロポーズして結婚を約束した証として、男性から女性へと贈るものです。 婚約という目に見えない約束ごとを、目に見える形で示すためのものといえるでしょう。 プロポーズの証に、婚約のタイミングでぜひ贈りたいものです。

「結婚指輪」は、結婚する男女が結婚式の当日などに交換し、愛を誓い合うためのペアの指輪のこと。「マリッジリング」「ペアリング」とも呼ばれます。 結婚後、既婚者である印として、夫婦で日常的に左手の薬指につけるのはこの指輪になります。

婚約指輪や結婚指輪にはどんな指輪を選べばいいの?

column30_02.jpg

婚約指輪には、パーティーや式典の場にも映えるような、特別感のある華やかなものを選ぶのが一般的。 現在の婚約指輪の主流はダイヤモンドの指輪です。 ダイヤモンドの透明感は純潔や無垢を表し、もっとも硬い石であることから、強く固い絆を表すともいいます。 ただし、ダイヤモンドでなければいけないということはありませんので、ふたりの愛の証にふさわしいと思えるものをチョイスしましょう。
かつては婚約指輪の予算は「給料の3ヵ月分」などと言われていましたが、相場に決まりはありません。 彼女への愛情を表現できるようなものを選ぶことが大切です。

これに対して結婚指輪は、男性も普段から身に着けやすいように、飾りが豪華すぎないシンプルなものをチョイスするのが一般的です。

最近では、女性が婚約指輪と結婚指輪を重ね着けできるデザインの、「セットリング」と呼ばれるタイプも人気です。婚約指輪と結婚指輪を両方とも用意するのであれば、セットリングを検討するのもおすすめです。

婚約指輪はいつ用意する?

column30_03.jpg

「指輪を渡してプロポーズ」というシチュエーションへの憧れは、やはり昔も今も根強いもの。 サプライズプロポーズを考えている場合は、女性に内緒であらかじめ婚約指輪を用意することが多いようです。 サイズがフィットするかどうかも重要なポイントですので、オーダーするときには注意が必要です。 プロポーズ前に婚約指輪を購入して、サプライズで贈る場合には、後で直せるように「サイズ直し無料」などのサービスを利用するのも良いでしょう。 最近では、プロポーズの時に指輪を贈るのではなく、女性の好みの婚約指輪をカップルで選ぶ、というパターンも増えています。 それぞれのカップルに合った方法を選びましょう。 名前やイニシャル、メッセージなどを刻印する場合には、その分、納期に時間がかかるので、期間を考慮しておくことも忘れずに。

結婚指輪と婚約指輪は、『結婚』というイベントの中でそれぞれに重要な意味や役割を持っています。 カップルによって考え方はそれぞれだと思いますが、できれば両方用意したいものですね。

記事の一覧へ

ご来店予約

初回ご来店特典

アコヤ本真珠
プチネックレス プレゼント

土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただくと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。

ご来店予約 店舗のご案内
ページトップへ戻る