婚約指輪・結婚指輪

結婚指輪は男性、女性どちらが支払うもの?

img_column_whichpay_01.jpg

男女が結婚する際に、神様へ愛を誓う証として結婚指輪(マリッジリング)を購入するのが一般的です。
婚約指輪(エンゲージリング)の場合は男性が女性にプレゼントするものなので、支払いも男性が受け持つことが多いですが、結婚指輪の支払いはどのようなスタイルが望ましいのでしょうか。 今回は結婚指輪をどちらが購入するのかをご説明します。

img_column_whichpay_03.jpg

「結婚指輪は贈り合うもの」が多数派

男性で婚約指輪を着けている方が少ないのは、世間一般的に婚約指輪が「女性のもの」と認識されているからです。
しかし、結婚指輪は「夫婦のもの」となるため、どちらか片方のために購入するものではありません。ですから、結婚指輪を購入する場合は「お互いでパートナーの結婚指輪を購入し、贈り合う」というスタイルをとるカップルが多いようです。 値段を折半にする、お互いが個人の貯金を使って購入する、夫婦共同のお財布で支払いを済ませるなどで、「お互いに贈り合う」を実現させているようです。 とはいえ結婚指輪の支払いは男性? お互いが折半する夫婦が多いのは確かですが、夫婦の形はさまざまで、支払いにもいくつか形があるようです。 全額男性が支払うケースも少なくありません。男性の場合、普段ジュエリー・アクセサリーを着ける習慣がない方が多いので、どうしても婚約指輪と同じく、結婚指輪に関しても「女性が主役」になりがちです。自分が着用するというよりは相手にプレゼントするという気持ちが強くなるため、男性が支払いを済ますという構図になるのでしょう。

img_column_whichpay_02.jpg

とても律儀な女性は婚約指輪のお返しに?

結婚指輪を女性が夫婦2本分支払うケースも意外と多いです。
というのも、女性はプロポーズをされる際、多くの場合では男性から婚約指輪をプレゼントされます。 男性にとっても婚約指輪を贈ることは自然なことですので何ら問題はないのですが、とても律儀な女性は「自分だけもらってばかりでは悪い」と思ってしまうのだとか。「婚約指輪を買ってくれたから、私が結婚指輪の分を出すね」という方も案外います。

結婚指輪・婚約指輪の支払いの形は、決して画一的な答えがあるわけではないので、あまり固く考えず自分たちに合った方法を見つけることが大切です。 お金の問題は意外とシビアになりがちですが、夫婦ふたりでよく話し合って納得した上で、満足のいく結婚指輪を選んでください。

プチアレンジ多彩なマリアージュ エントの結婚指輪

マリアージュ エントでは妥協しない結婚指輪・マリッジリング作りを徹底しています。専門知識豊富なコンシェルジュによる多彩なプチアレンジバリエーションを提案いたします。

マリアージュ エントの結婚指輪はこちらから
プチアレンジ多彩なマリアージュ エントの結婚指輪


結婚指輪の選び方について関連するコラムはこちら

「意味を理解して証に」結婚指輪の選び方

一生に一度、人生で一番の決断をする結婚。 この人と一緒に生きていきたい、そう思う相手に出会えたのは人生において最も大きな...

more
誕生石で自分らしい結婚指輪
誕生石で自分らしい結婚指輪(マリッジリング)に

結婚指輪(マリッジリング)はシンプルなデザインが主流ですが、最近では「誕生石」を埋め込む方も少なくありません。誕生石とは...

more
記事の一覧へ

ご来店予約

初回ご来店特典アコヤ本真珠プチネックレス プレゼント

初回ご来店特典

アコヤ本真珠
プチネックレス プレゼント

土日・祝日や時間帯によって混み合う場合がございます。事前にご予約いただくと、待ち時間が少なくスムーズにご案内が可能です。

ご来店予約 店舗のご案内
ページトップへ戻る